2014年12月22日

ある女性同性カップルの人生を描いた蔡依林の新曲「不一様又怎様(We're All Different, Yet The Same)」翻訳しました。

翻訳がなくとも映像で十分伝わるかと思うので、まずはどうか見てみてください。



蔡依林Jolin Tsaiは、台湾や香港などでは日本での安室奈美恵のように誰もが知る有名な歌姫です。実際コラボもしましたね。
彼女の新曲MV。予告でウェディングドレス同士のキスがあることでも話題になり、私も萌えていたのですが、その内容は実際に病院でおこった同性カップルの話が元になる、身を切られるような現実のストーリーでした。私は出張に向かうリムジンバスの中で初めてこのMVを見たとき、1人さめざめと涙してかなり不審な人物となっていたかと思います。

* * * * *

あるストーリーとともに、蔡依林の祈るような歌声が流れます。

空になったベッドの整理をする高齢の女性主人公に病院職員が話しかけます。
「彼女のご家族ですか?」「はい」「ではどういうご関係ですか?」その問いに対し、MVの最後に彼女は真実を答えます。
病院に運ばれる女性、それに付き添う主人公は手術の同意書を求める医師に「私たちは30年来一緒に過ごした親友です。どうかお願いします」と懇願するけれど、家族以外はサインできないと言われ、結局彼女の甥を呼ぶことになります。ついに平行線となる心電図。泣く主人公のもとにウェディングドレス姿の蔡依林が現れて手を引きます。そこにはウェディングドレス同士で結婚式をする幸福そうな女性2人。周りの祝福。この映像は2人の若いころの実際の経験なのか、それとも2人の関係の象徴映像なのかはわかりません。
最後、冒頭の病院のシーンに戻ります。
カーテンが開けられ陽が差し込んだ病室で、主人公は答えます。
「彼女は私の妻です」

* * * * *

以下はド素人の私bianca翻訳です。
意訳もあり、おかしなところもあると思います。今の私の精一杯の翻訳ですが、もっと良い表現があれば随時直していきます。
いつかきちんとした日本語版もプロが翻訳してリリースされる日が来ますように。
そしてこのMVがクリスマスプレゼントとして誰かの心に届きますように。



『不一様又怎様(We're All Different, Yet The Same)』

女性同士の愛情
簡単ではなく、また平凡でもある
同じベッドに寝て、人生を平凡でないものに変えた
どうすればいいの
一般的ではない、それが何でしょうか
一番愛する人は誰か答えを求めること
俗な永遠の誓いの言葉

世間は困るのでしょうか
違っていても同じように困難があり
違っていても同じように出会いがあり別れがある
それぞれの人生がある
それぞれ大切な場所がある
愛は抽象的な信仰ではない
血があり汗がある

パートナーと年をとり
特別な宝物を残した
愛することはどのくらいの勇気が必要だったか
あるひとつの愛情の形

さらにまっすぐな夢
違っていても同じ

違っていても同じように出会いがあり別れがある
それぞれの人生がある
それぞれ大切な場所がある
愛は抽象的な信仰ではない
血があり汗がある
誰が誰より幸せか 誰が決めることができるの

誰の許しも必要ない
この感動がただずっと伝わって欲しい

違っていても同じ
愛を望み信じる気持ち

違っていても同じ
辛いことから幸せなこと

楽しみや痛み
それぞれの人生がある
それぞれ大切な場所がある
神さまは神聖ではない
愛の信仰を 誰が決めることができるの

posted by bianca at 11:43 | Comment(9) | TrackBack(0) | 同性婚

2013年09月16日

レズビアン専用フォトウェディングスタジオ@台湾

写真を見ていた彼女にしみじみと「biancaは写真うつりがいいよね」と言われました。
「写真うつりがいい」は褒め言葉ですか?言われたら喜ぶべきですか?

心に少々引っ掛かるものがあるのは、私が写真にうつるときに必ず小細工をしているせいでしょうか?
女子高生は手を顔の前に出して小顔効果を狙うそうですが、私レベルになるとそんなことでは誤魔化しきれないので他の人より30cmほど後ろに下がって皆の顔の位置に手を出すのです。
小顔にうつりますよ!
あとで皆にバレてブーイングが起こることもありますが、写真でくらい小顔にうつったっていいじゃないか。にんげんだもの。れづを


どうでもいい前置きが長くなりましたが、「台湾で彼女とフォトウェディングをしたいのですがオススメはありますか?」という内容のコメントを頂きました。かなり昔の記事へのコメントだったので気づかずお返事が遅くなりごめんなさい。台湾は街を歩けば撮影スタジオにぶつかりますよね。
台湾の友人に聞いたところ、なんとレズビアン専用のフォトウェディングスタジオがあるそうですよ。

★レズビアン専用フォトウェディングスタジオ
LES 私.邊界 同志愛情攝影社

leslesles.jpg
アイコンの写真が素敵ね。

また、レズビアンショップ『愛之船拉拉』でも女性同士のウェディング撮影をしているそうです。
女性同士専用で商売として成り立つのがすごいなと思いますが、理想としてはどこのスタジオでも性別問わず撮影可能であって欲しいですよね。そして写真うつりが良ければそれが一番!と私は思いますが、女性同士でも気を使わずにラブラブで撮ってもらえたらいいですね。
今年も10/26(土)にはアジア最大のプライドパレード「台湾同志遊行」がありますね。ついでにフォトウェディングを楽しんできてはいかがでしょうか?

ちなみに日本でも横浜中華街の「笑顔変身写真館」に“多様な愛の形を演出します!僕自身もセクシャルマイノリティです。”とプロフィールにあるカメラマンさんがいらっしゃいました。

フォトウェディングは挙式のようにお金がかからないし、観客を巻き込むプレッシャーもないし、そのときの2人だけの世界を永遠に残せますよね。その幸せな写真を親にカムアウトするときに見せるとか、喧嘩したときに見て心を落ち着けるとか、後々にも使えるように思います。
posted by bianca at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同性婚

2013年07月28日

ファミレスで結婚式

もう、気がつくとあれから4年です。
あれまでが10年、あれから4年。

takasago.jpg

4年前のあの日、ファミレスにはたくさんの友人、同僚、そして家族が来てくれました。
カナダで挙式して帰国した私たちのため、企画からお店選び、進行、DJ、司会まですべて友人が行ってくれた手づくりのウェディングパーティ。

あの日の感謝を忘れないため、私たちはこの時期になるとあのお店、『TOKYO FAMILY RESTAURANT』通称ファミレスに行く。

が、満員のため入店できずその足で別のお店に行った年も・・・。

渋谷駅からずいぶんと離れているのに、人気なんですね、このファミレス。
なぜファミレスという店名なのか?というのは、All Aboutの記事にありました。

「飲んだり食べたりしているうちに自然にひろがっていく人の輪、そこから生まれる新しいもの」をめざし、「おいしいもの+人とつながる楽しさ」がコンセプトのようです。

今年、このファミレスでとてもうれしいことがありました。
お店の男性が「うちに以前、来てくださったことありますよね?あれからもう何年になりますか?」と声をかけてくれたのです。いきなり女性2人に「結婚パーティしましたよね?」と聞くのも憚られたのでしょう。とても控えめに聞いてくれました。当時もいた厨房の女性から「あの2人、あのときの2人じゃない?」と言われて「そうだ!」と思って声をかけてくれたそうです。

あれから4年。

お店の方たちが覚えていてくれたのも驚いたし、入れ替わりの激しい飲食店で4年前のスタッフの方たちがまだいらっしゃったのも驚きました。
そしてもっと驚くことが。
帰りにケーキのお祝いをサービスしてくれたのです。
感激しました。

実は今回、当時来てくれた友人の1人とお昼に買い物をしていたため、急きょ「一緒に行く?」ということで同行してもらっていました。だから、3人分のケーキを。
私たち、実はもう既におなかがはち切れそうにいっぱいでしたが、それ以上に胸がいっぱいだったので、頂きましたよ(涙目)。
友人が目の前でフードファイターのファイナリストのような表情で口いっぱい頬張っているのを見て泣き笑いしてしまいました。完食!

帰りに厨房に行ってお礼を言うと、全員がお祝いの言葉をかけてくれました。
「来年も来てくださいね」と。

TOKYO FAMILY RESTAURANT』はとくにゲイフレンドリーと謳ってる店ではないけれど、世界の料理が食べられる雰囲気も味も素敵なお店だと思います。
こんなお店を選んでくれた友人にも、改めて感謝します。

4年前はまだ夜遊びをしたりオフ会を開いたりと元気だった私たちも、今は近所を散歩する何気ない日常を幸せに感じるようになりました。これから仕事ももっと頑張って資格も取って、彼女や友人と協力して生きていかなくてはいけない現実。

そんな日常の中、毎年この日は2人、忘れがちな自分たちの周りの人たちへの感謝を思い出す日にしたい。信仰のない私たちが手を合わせ、感謝と祈りをする日なのです。

レズビアーメン・・・

・2009年 Happy Queer Wedding




posted by bianca at 22:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 同性婚

2013年03月07日

ミッキーも祝福した女性同士の結婚式

2013年3月1日、ひろこさんと小雪さんが東京ディズニーリゾートで挙式されました!
お2人が交代でヴェールをめくりあうウェディングドレス×ウェディングドレスの式よ〜。

22.JPG

私は結婚パーティから呼んで頂いたのですが、朝から落ち着かず会社でも仲の良い同僚に
「今日は初めて女性同士の結婚パーティに出席するの〜」と鼻の下を伸ばしていたら、
「私はあるけどね」と。そういえばこの同僚は3年前私の時に来てくれたのでした。
でも、私はゲストとして出席するのは初めてなのです。

会社を少し早退させてもらって髪を盛って着替えて彼女と落ち合って向かった先は
ホテル、コンラッド東京。

cor.JPG
電光掲示板にもお2人の名前が!

思わずしみじみとお2人の名前を撫でて怪しい人になる私を置いて先に行く彼女。
会場には和服姿の方々もいて、フォーマルな雰囲気にぐっと緊張が高まります。
お2人が登場するまで、スクリーンには昼間のディズニーでの結婚式・披露宴の様子が映し出されました(仕事早い!)。もちろん私はかぶりつきで見ましたよ。

dragon.jpg
ゴンドラに乗るお2人

花嫁2人の美しさに、シンデレラも思わず恋に落ちてしまいそうです!
結婚式・披露宴は少人数でアットホームに行われたようですが、この結婚パーティは200人近くいたのではないでしょうか。カメラを持った報道関係者と思われる人の姿も多かったです。
そして新婦新婦のご家族、会社の社長・同僚、ご友人と老若男女関係なく大勢集うパーティでした。

kon.JPG
み、見えない・・・ケーキカット

cake.JPG
見えた見えた♪

egao.JPG
この笑顔がずっとずっと続きますように

最後のお見送りの時はアイドルの握手会のように長蛇の列ができていましたね。
ウチワとペンラ持って来ればよかったわ。

こんなに穏やかで幸せに包まれる式だけど、ここに至るまでにどれだけの葛藤や決意が必要だったかと思います。

たくさんの言葉で説明する努力も大切だけども、ただ2人の幸せな笑顔が、ただそれだけで説得力をもつことがあるんだと実感させられました。

本当に本当に、おめでとうございます!

以下は私が拾えただけの関連記事を勝手に集めてみました。
転載で同じ内容のものもあるけれどニュースサイトによってつくコメントの傾向が違いますね。
3月7日(木)TBS「Nスタ」でも密着取材が放送されるそうですよ(関東ローカル)。

・livedoorニュース「元タカラジェンヌと女性のカップルが、東京ディズニーリゾートで初の同性挙式
・モデルプレス「TDRで初の同性挙式 元タカラジェンヌが実現
・アメーバニュース「TDRで初の同性挙式 元タカラジェンヌが実現
・exciteニュース「TDRで初の同性挙式 元タカラジェンヌが実現
・ニコニコニュース「TDRで初の同性挙式 元タカラジェンヌが実現
・BIGLOBEニュース「TDRで初の同性挙式 元タカラジェンヌが実現
・ガールズちゃんねる「東京ディズニーリゾートで初の同性挙式 元タカラジェンヌが実現
・AFPBB News 「東京ディズニーリゾートで初の同性挙式
・Yahoo!ニュース「東京ディズニーリゾートで初の同性挙式
・The New York Times “Gay Wedding Is Embraced by Disney in Tokyo
・中国 微博(中国語キャプチャ)
・NAVERまとめ「元タカラジェンヌが東京ディズニーリゾートで史上初の同性婚
追記・ロイター通信“Lesbian couple weds in Japan's Disneyland”映像
・Happy Together「東京ディズニーリゾート初の同性結婚式を挙げました。」

ひとこと言わせてください。
最後の小雪さんご自身の記事、チュー写真が載ってます!ご馳走様でした!!


posted by bianca at 01:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | 同性婚

2012年08月08日

ホラーな祝福キティさん

先日、カナダ挙式(Happy Day Weddings)から3周年を迎え、
ドSがこのようなものをプレゼントしてくれました。

kitty11.JPG
花に埋没仕事を選ばないキティさん

こっそりと用意する彼女が愛おしいです。
本人は全くファンシー趣味ではないのに、私に合わせてくれてごめんなさい。
赤いリボンをつけて花となるキティさん。

実はこのキティさん、オマケのクールビズ効果がありました。
熱帯夜をちょっと涼しくしてくれる画像をどうぞ↓





【閲覧注意】





kitty22.JPG
1週間後にミイラ化したキティさん


ごめんねキティさん、こんな姿をアップして・・・。
少しでも涼しい気持ちになれた人がいるならば。
いつも捨て身で仕事を選ばないキティさんだから許してくれそうです。

でも、どんなに花は色褪せても我々の愛は色褪せません!!!(暑苦しい)。

挙式まで10年、それからあっという間に3年、そしてこれからも一歩一歩、彼女と仲良く生活していきたい所存です。
よく「長くつきあう秘訣は?」と聞いてくださる方がいますが、それはひとえに誘惑がないこと=モテないことのようです。身も蓋もなくてすみません・・・。
華麗なる女性・男性遍歴をもつモテモテの人も、何者にも束縛されない自由な人も、ずっと1人の同性とつきあう私のような人も、それぞれの幸せがあってそれぞれの悩みがあって、どんな生き方をしてもOKな世の中でありますように。



◆今週末はLGBTパレード

今週末土曜日は代々木公園でSave the Prideがあるようですね。
http://ameblo.jp/save-the-pride/

bba.JPG
昨年の台湾パレードにて

世界中のオリンピックを応援するオリンピックおじさんの足元にも及びませんが、
パレードを応援するレインボーおばさんも地味に見守る予定です。
行かれる方はお会いできればうれしいです。
posted by bianca at 23:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | 同性婚

2011年07月31日

同性婚2周年

先ほどサンジャポでもニューヨークの同性婚が取り上げられていましたが、日本でも割とニュースになっていますね。それでもまだ、日本の多くの人には「遠い国のお話」のような感覚なのでしょうか?

昨夜、カナダでの挙式2周年記念として、ドSとディナーに行きました。
場所は、帰国後に友人たちがお祝いパーティをしてくれた渋谷のレストラン。

tokyowedding.jpg
暗い・・・

しかし満員で入レズ。
時間がよめなかったので予約してなかったのがイケないのですが、駅からこんなに離れたレストランがまさか満席とは。

小雨まで降り出して、ドSがイライラしてきたのを感じました。

ドSが些細なこと(天気、人混み等)でイライラ→私が「イライラしないでよっ!!」と倍キレる→ドS無言→私怒り過ぎて疲れる→ドSいつの間にか機嫌が直ってる

2周年記念日もこの喧嘩パターンとは。

その後、仕方なく近場のイタリアンに入ったのですが、これが「ピザばか職人がいるお店」というキャッチフレーズで、大きな薪窯で焼きあげる本格ナポリピッツァ(ビアンケッティはしらすが効いていて超オススメ)は絶品、なぜか和風内装もお洒落で、私たちの機嫌はすっかり良くなりました(単純)。

デザートまで美味しく頂いたところで、ドSからプレゼントがありました。
開けてみたら、なんということでしょう。

rainbowring.jpg
まさかのレインボーピアス

これは数か月前一緒にショッピングしていたときに見つけ、
「すごいなコレ!でもネタで買うにはちょっと高いわ」と言ってた代物。
記念日プレゼントがネタとは・・・どこに付けていけばいいかしら?

obachan.jpg
レインボーおばちゃんまっしぐら

とりあえず、台湾パレードにつけていければと思っています。
(台湾でこのピアスを見かけたら声をかけてください)

しかしカナダからもう2年とは、本当に早いものです。
あの時に協力してくだすった方々、お祝いしてくだすった1人1人の顔を思い出し、感謝の気持ちをずっと持ち続けられる記念日にこれからもしていきたいと思っています。

* * * * * *

今度8月7日発売のイケメンFtM雑誌「laph vol.4」で、同性婚を特集するとのこと。
イケメンではありませんが、その1組として取材を受けました。
カナダ挙式費用などぶっちゃけてますので、レズビアン版ゼクシィ?としても楽しんで頂ければと思います。

laph04.jpg
laphのラフな姿勢が好きです
posted by bianca at 15:01 | Comment(16) | TrackBack(0) | 同性婚

2010年08月03日

ガテン系花嫁

先日、カナダでの結婚式から1周年を迎えました。
つきあってから式までの10年あっっっという間でしたが、それからまた1年は一瞬でした。

恐ろしい・・・。

hdw.jpg

タイミングよくHappy Day Weddingsさんが、挙式のフォトアルバムをサイトに載せてくれました。
懐かしいわ。
HDWさんは、1周年ちょうどの日にカナダから挙式の写真をカードにして、お手紙も贈ってくだすったわ。
後々までの心遣いがありがたいです。

サイトで懐かしい写真の数々を見てうれしいと同時に驚いたのは、私の腕が想像してたよりもガテン系なこと。

恐ろしい・・・。

ドSの手をがっちり掴んで離さんわ!!っていう感じね。
そして足も大地に根をはる逞しさ。

ガテン系のこの腕とこの足で、これからも生きていきたいと思います。


TwitterでドSが記念日のことをつぶやいたら、想像もしなかったたくさんの方からお祝いコメントを頂いたようで、ドS泣きしていましたよ。どうもありがとうございました。


小学生の頃、忘れ物が多くて毎日宿題を忘れる私は、大人たちを見て
「あんなに長く生きていて、昔のこととか覚えてられてるのかな?子供の頃の記憶がちゃんと残ってるんだろうか?」
と将来に怯えたものです。
しかし怯えたことも忘れ、次の日また宿題を忘れる子供でした。

大人になると時間の速度が変わるんですね。子供の頃は1日があんなに長かったのに・・・。
意外と昔のことはよく覚えているものなのね。

私は彼女と出会ってからの人生の方がまだ短い。
それに大人になってからの速い時間の中で出会ったから、まだまだ一緒に過ごした時間を短いと感じます。でも、やがて私の人生の半分を彼女と過ごしたことになって、そしていつか、人生のほとんどを彼女と一緒に過ごしたねと言って幕を閉じることができれば、私は本当に幸せだな、と思っています。

posted by bianca at 22:40 | Comment(15) | TrackBack(0) | 同性婚

2010年06月03日

こんにちは赤ちゃん

とうとう生んでしまいました。
私達の愛の結晶です。

baby2.jpg

というのは得意な妄想でして、私の手にちょっと無理やりな感じで抱かれているこの可愛らしいベイビーは、カナダで同性婚のサポートをするHappy Day Weddingsのあきさん、こんさんのベイビーです。
私達が挙式した昨年7月にはあきさんのおなかの中にいた赤ちゃん。
こんなに元気に生まれてきました。
抱いていると母性らしきものがニョキニョキ芽生えるので不思議ですね。

この日は、あきさんこんさんの他にも「クィア家族」がたくさん来ていて、子供を連れたカップルも多く、とても賑やかで楽しくて。
この日本でも、色んなタイプの「家族」が幸せに生活をしていることを知りました。


* * * *

新しい命が誕生する一方で、同じ時期にこの世からお別れをする命もある。それは自然なことで、誰にでも平等に必ず訪れることなのだけど。
生命のスタートは周りを喜びで溢れさせ、終わりは悲しみで満たしてしまう。

先日、前の会社で私が慕っていた、大好きな同僚の奥様が亡くなりました。
その同僚は、徹夜明けで社員皆がピリピリしていても絶対に苛立ちを見せない人。いつも率先して手を貸すだけでなく、周りを笑わせようとしてくれる人でした。

男でも女でも「素敵だなぁ」と思う人のパートナーは必ず素敵な人、という鉄則。
オーストラリア人の彼の恋人は、明るくてチャーミングな韓国人の女性でした。日本で出会った彼らの共通語は日本語。2人ともネイティブではないから間違ったままに話して、2人だけの独特な言語が出来上がってるんだ、と笑っていました。

とにかく仲が良くて、会ったときはいつも笑い転げていた2人。

でも、結婚する直前に彼女の病気が発覚して、結婚後はほとんど闘病生活だったと思います。
昨年彼が私達の結婚式に来てくれたとき、来られなかった彼女の話をとてもうれしそうにしていました。
献身的に看病を続ける彼に
「彼女はあなたと出会えて本当に良かったよね。幸せな奥様だと思う」
と私が言うと、
「彼女がいて、もっと幸せなのは僕のほうだよ」
ときっぱり言い切った彼の言葉が忘れられません。

今、彼にどんな言葉をかけて良いか全くわかりません。
愛する人にもう触れることができないこと、声が聞けないこと、それはどんな世界なのか、今の私には想像を絶します。

私はずっとこの記事(同じ日に他界した仲良し夫婦、夫の死から3時間後に妻も亡くなる。)のように、最期も一緒ならばどんなに幸せだろうかと思っていました。
でも、彼女を愛してるのは私だけではない。私を大切にしてくれているのも彼女だけではない。
親も友人も同僚もいる。
そして、もし私達に子供ができたら、その子のためにも生きていて欲しい。

愛する人が健康で生きていてくれるだけで、こんなに幸せなことはないのだと、改めて思います。

posted by bianca at 00:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 同性婚

2009年12月30日

これが同性結婚証明書です

結婚証明書もう届いた?見せてー?、と言ってくれた方がいたにも関わらず遅くなってごめんなさい。
とっくに届いています。

アップしようと思ったら見当たらない・・・。
ドSがその重さに耐え切れず隠してしまったのではなかろうか?
今彼女は仕事中なので、後で聞いてみます。見つかったらアップしたいと思います。

日本では何の効力も無い、カナダでの結婚証明書。
水戸黄門の印籠のごとく「これが目に入らぬか!」と突きつけたところで、英字がプリントされた紙切れに過ぎず、日本では家族として認められるわけでも、何が保障されるわけでもないのです。
私達としても、ディズニーランドのチケットを思い出として大切に取っておく(ちょっと今行方不明だけど)ような感覚。

しかしそれは意味がないもの、とは思いません。
ディズニーランドのチケット、それ自体は紙切れかもしれませんが、ディズニーに入った証明がそのチケットです。
日本で私達はディズニーランドに入れません。ミッキーやミニーは「男女カップル」しか、もてなしてはくれません。私達は花火やパレードを楽しむことはできません。

そこで、あなた達も一緒に!ここカナダのディズニーなら入れるよ!と教えてくださったのがHappy Day Weddingsさんでした。

結婚とディズニーランドをむりやり一緒にするなー、と怒られそうですが、私にとっては近い感覚でした。少なくとも「結婚式」というセレモニーに関しては。

そして女同士もOKだよね!と協力してくれたり、一緒に喜んでくれたりしたのが、日本でもセレモニーをしてくれた友人達、カナダでお世話になった友人カップル、会社の人達、そして家族でした。
そのことは、本当にセレモニー以上の意味があったと思うし、例え日本のディズニーが発行したチケットではなくとも、すごくありがたくうれしく、大切なチケット=カナダの結婚証明書なのです(って今行方不明ですが)。
日本でもいつか、入りたい人は女女カップルも男男カップルも入れるようになるでしょうか。カップルだけじゃなくて、1人でも安心して楽しめる世界が本当は理想かと思います。

今年はとにかく、たくさんの人に感謝をしなくてはならない年になりました。
日本に住む1人の同性愛者の徒然なブログを気にかけ、いつも読んでくださる方にも感謝です。
本当にどうもありがとう。

皆様にとって2010年もミッキーな年でありますように☆

yurineko.jpg
百合とネコと♀♀!J子ありがと


2009.12.31追記:
見つかりました。


marriage.jpg


■ お正月休みに読みたい1冊・・・ 続きを読む
posted by bianca at 16:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | 同性婚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。