2017年11月24日

2年ぶりにこんにちは

タイムマシーンで2年半後にやって来た気分です、こんにちは!

この2年半何があったか?って、とくになんもなかったのです。ブログの書き方を忘れてしまったことくらいでしょうか?彼女とも仲良しですよ。昨夜喧嘩しましたが。彼女との喧嘩、原因はもうこれだけ。私の夜更かし。彼女は私が夜更かしすると小学生の母親のように怒ります。ご飯作りませんよ!とか本当に言う。

私は小学生の頃からオールナイトニッポンを聴いてたくらい夜型だったのですが、彼女と付き合うようになってから早寝早起きジジイ体質の彼女に無理して合わせていました。でも最近また夜中に聴きたいネット放送があってどうしても早寝ができないのです。私はなにも夜中外で遊び歩いてるとかではなくて、家でおとなしくネットしてるだけなのです。オタクの花は夜咲くのです。

しかし彼女は私が横で寝てないと、となりの部屋でネット活動してる私のところに怒りのLINEを飛ばしてきたり電話してきたりします。早く寝ろ!と。
私が寝ないと眠れないそうです(ああ、睡眠薬盛りたい)。
こんな喧嘩を何度も繰り返すうちに、お互いの妥協点を探そうってことで、12時まではとなりの部屋でオタ活していてもいいけど、その後は布団の中に入ってイヤホンで音だけ聴けと。ただし、翌日休みの日は12時過ぎてもよい、という決まりにしました。しかし、昨夜私はこの約束をやぶってとなりの部屋で12時過ぎまでネットをしていました。私が悪いのです。

で、そういえば最近彼女から「女女苑もう書かないの?」って言われたのを思い出して。焼肉以外でその単語聞くのなん年ぶりよ!でも、もしかして彼女楽しみにしてくれてたのかしら?って思って。
まぁ、許してくれるかわからないけど、ひっそり更新してみました。

ほんとに他人のカップルの喧嘩ってくだらないですね!あなたたちの喧嘩はどこから?

00514324-F4FA-48EF-ADCB-10DF5D32F978.jpg

あとこの2年半におきたことは、10キロ痩せて5キロリバウンドしました。
あっ、あと世田谷区のパートナーシップ制度に彼女と登録しました。

※画像と関係はありません



posted by bianca at 12:44 | Comment(4) | Lの世界

2011年06月30日

女子力とレズ力

レズ力ってなんでしょうか。
れずかじゃないですよ。テレカでもないですよ。懐かしいわねテレカって。

巷に女子力アップの術は飽和してるのに、レズ力は見当たりません。

男に頼らず生きていく経済力?女子から頼られるかっこ良さ?周りを説得しカムアウトする真の強さ?
うまく隠し通して周りと共存していく処世術?

わかりません。

私の思うレズ力は、何があっても愛する彼女と一緒に生きていく強さ、かなと思っています。


とは言ってもレズビアンはそれぞれの生き方があるので、何がレズ力かなんてわかりません。


女子力に関しては、最近なんだかすごい記事を見つけまして「これこそ凄まじい女子力だわ」と感心しましたのでご紹介。

◆生きたカタツムリで「カタツムリ美容パック」したらカタツムリが死んだ
ロケットニュース24

escargot.jpg
うちにもありました。

『「ある女性がクリームを買うより安上がりと、生きたカタツムリを直接肌に乗せる「生カタツムリパック」にチャレンジした。』ってすごいですね。
私はマスクパックですら「でんでん虫か…」と戸惑ったくらいなのに、美のためにはそんなこと言ってられないのですね。
しかも経済的なことをちゃんと考えているのも“いい嫁になる”女子力と言えるかもしれません。
『カタツムリが疲れすぎないように一勤一休のシフトを組み大切にしていた』という優しさも女子力ポイントじゃないですか。


しかしカタツムリは次々とお亡くなりに…。

この女子はちゃんと獣医にかけこんでるので、結局医療代がかかったことでしょう。
こんなところにもそそっかしい“お母さん”につながる女子力が。

化粧水でアルコール中毒になったカタツムリは可哀想ですが、私が最近一番“女子力”を感じた少し微笑ましいニュースでした。

lovin.jpg
生カタツムリパック中

彼はもしかしてブームを先取りしていたのかも。
復活してくれないかしら。
posted by bianca at 00:58 | Comment(9) | TrackBack(0) | Lの世界

2011年06月16日

写真集『Tokyo BOIS!』とほめ殺しカフェと。

ボーイッシュづくし写真集『Tokyo BOIS!』が我家にやってきました。

tokyobois.jpg
Kも載ってたわ〜

プロが撮るとこんなに雰囲気が出るのね。
しかもBOISだけではなくGIRLS(?)とのラブショットもある。
♀♀カップル萌えとしてはこちらもおいしく頂きました。

Amazonでの売行きも『写真集、写真家、作品集の3部門で、それぞれ2位・2位・3位』らしいです。
誰が買ってるのかしら?購入者層が気になるわ。
これ買ったノンケの方々の感想を聞いてみたいです。


六本木のトークイベントも大盛況だったようですね。
私も楽しみにしていたのですが、仕事で行けませんでした(涙)。



■ ほめ殺し&皿割りカフェ潜入レポ

『BOIS!』トークイベントの日、私は別のイベントの仕事で秋葉原にいました。
イベント終了後、BOIS!にも行けなかったし全力で癒されたい!
ということで、同僚と一緒に近場のほめ殺し&皿割りカフェ「ほめほめ☆さらさら」へ行くことに。

入店すると「まぁ、綺麗なお姉さま方いらっしゃいませ」と私たちよりも若く美しい女性店員に迎えられ、急傾斜な階段で2階に案内されます。
大きな荷物を抱えてのぼる私に「まぁ、そんなに細いのに大変」と棒読みされて転げ落ちそうになりましたが、大地に根をはる大根足でなんとか踏み止まりました。

で、席に着いたのですが、ここからは全く普通のカフェ。
同僚と「もう褒めるとこが見つからないのかしら?」と話してると、店員が白い紙皿を持ってきました。
階下の皿割り部屋に入ったらこれと陶器の皿を取替えてくれるようです。

では割ってくるかと階下に降りると、先に皿を割っている男の集団が。
そこに響く彼らの怒鳴り声と皿の割れる音に、私のガラスのハート方が先に砕けてしまいました。
心臓に毛が生えてると言われる私ですが(毛深いせい)、足がすくみ結局1枚も割レズ。
しかし同僚は嬉々と割ってスッキリしていたので、ストレス解消法は人それぞれなのね。
皿割りは心理療法「破壊セラピー」とも言われてるようですが、私には向いていなかった。

でも「褒める」というコンセプトは良いかもしれません。
人の粗を探して陰口ばかり言う人間より、人の良いところを見つけて素直に褒められる人間になりたい。
「粗探しカフェ」とか「陰口カフェ」より、「ほめ殺しカフェ」に行きたい。


そういえば女子校時代、誰かのストッキングが伝線すると、ワーッと集まって引き裂いていました。
あれも破壊セラピーだったのかしら。

私はスッキリよりドキドキしましたけどね(遠い目)。
posted by bianca at 23:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | Lの世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。