2007年12月15日

上海LesbianNight

20071211211409.jpg

先週、上海市内にある“紅色加油駅-REDSTATION-”というレズビアンバーに行ってきました。

周りに知れ渡ってしまい場所を変えることが多いんだよ、と友達が言っていたので、どれだけひっそりと運営しているんだろう?と思いきや、入り口にはドーンと“LES Nigth”の文字のフライヤーが貼ってある大らかさ。こりゃ知れ渡るよね。
なぜかプードルを抱えたフェミニンな女性が受付をしていて、30元(約450円)を支払うと、横にいるガードマンのような男性から手の甲に紅いスタンプを押されて入店。

やはり中国は大きい。MAXで200人は入るという巨大な店内には、20歳前後の若ビアンが多く、中国の街にいる子たちよりも平均的に皆お洒落。
ボーイッシュ系よりもフェミニン系が多いのは、近年のボーイッシュブームの中国からすると不思議でしたが、タチネコを分けない不分(リバ)が主流だとか。

ソファーがあるボックス席がいくつもあって、テーブルごとに友達同士でボトルを数本買って自分たちでソフトドリンクなどで割って飲んでいました。
ダンスフロア、DJブース、ステージもあり、ステージではポールダンスをしたり、TOMBOYが歌を歌ったり。歌の最中に下から花火が吹き上がる演出も。
底抜けに明るくてフレンドリーな子が多く、私が日本人だと分かると
「日本語を教えて!アノ時の“高潮”はなんていうの?」
と聞かれ、答えると
「イクイク〜!キモチイィー!」
と妙な日本語を皆で叫びながら踊りだしたり。スキンシップも激しくて、チューをしてる子たちもあちこちに。エロ可愛い上海ビアン子たちに私の鼻の下は伸びっぱなしでした。

紅色加油駅は週末に限りレディースオンリーですが、平日は男性も入れるのでゲイメンも多いとか。上海にレズビアンバーはもう1店あって、客はふたつに分かれるそう。
現在は中国でも北京や上海や成都などの主要都市にはレズビアンバーがあり、週末はどこも賑わうようです。

しかしいくらマイノリティに理解ある都会とは言っても、実際は普段抑圧されてるからこそ週末は皆こんなに弾けちゃうんだよ、と友達は言ってました。とても可愛いカップルが多くて微笑ましかったので、彼女たちがこれからもずっと仲良く幸せに生活していって欲しいと願うばかりです。

日本に戻ると、成田空港で彼女が待っていてくれました。
何年つきあっても、出張の度にこうして空港まで迎えに来て荷物を持ってくれる彼女の優しさに、胸が熱くなりました。帰りのリムジンの中で早速「アド街2丁目特集録画しといたよ!でもレズバーは全然出てこなくてさ」とワンセグで見せてくれるレズレズしい彼女が大好きです。

のちに上海でお世話になった友達にお礼のメールをすると
「私たちはビアン家族でしょう?遠慮しないで」と書かれていました。
“ビアン家族”には笑えましたが、これからも世界のビアン家族に会いに行きたいと思います。大家族になるわね。

■私のリンク紹介 第4弾
●BLND
みやきちさんの頭の良い文章に夢中になって貪り読んだサイト。とくに怒涛のエッセイは必見です。読むだけで頭がスッキリ視界が広がり、こちらまで頭が良くなったような錯覚に。

●mix-juice
カップル萌の私なのですが、実は露出狂垂れ流しラブラブカップルblogは苦手。が、ここのお2人は客観さを持ち合わせている上に、不倫についてなどのエントリーも読み応えがあり、2人で乗り越えたいくつものことが冷静に書かれているので好きです。

●The Marilyn Blog
美意識の高さが溢れ出ているので、とても憧れるものの腰が引けてしまい、リアルで会いたいような会いたくないような不思議な存在のマリリンさんのblog。木陰からそっと覗き見ていたいけれど、なぜか女女苑を気に入ってくれているようなのが心底驚きと恐縮なのです。フェロモンが匂ってくる文章にあやかり、いつか堂々と会えるような女性になりたいと思っているのですが・・・。

FC2 同性愛Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛(ノンアダルト)へ


posted by bianca at 00:00 | Comment(9) | 日記
この記事へのコメント
つな at 2007年12月16日 01:09
上海上海ーーぃ!!!
素敵すてきー。
すてきすぎる。biancaさん。
行きたい。イクイクぅぅぅ。(ばか)
ジョナ at 2007年12月16日 12:57
中国はセクシャルマイノリティに厳しいのかと思ってましたが、ビアンバーとかあるんですねっ(゜o゜;)びっくりしました。行ってみたいわぁ(・∀・)
hikari at 2007年12月17日 22:20
biancaさん、こんばんは。
ブログ紹介ありがとうございます。
女女苑さんにリンクして頂いているだけでも感激なのに「好きです」なんて超嬉しい〜。傷口も早く治りそうな程興奮しています。

まりりん at 2007年12月18日 14:25
biancaさん

出張お疲れさまでした。

私も「アド街2丁目特集」見ました。 
見た後に、もう寝ようと思っていたにもかかわらず、二丁目に1人出かけてしまった私も、かなりレズレズしいです。
そして以前biancaさんの彼女が着ていたドエスジャージが欲しかったのです。 Mは自分のイニシャルだし、ジョークだしと誰にも訊かれていないのに言い訳を考えながら「ドエムジャージ」を買ったものの、袖を通す時にやはり抵抗があり、自分に嘘をついて生きてはいけないと悟りました。
時々、とか適当、ドエス/ドエムとかあればいいのにね

ブログを紹介して頂いてありがとうございます。
biancaさん&女女苑さんからいらっしゃるレズレズしい皆様大歓迎
敷居は低く、鴨居は高くしてお持ちしております
これからもどうぞよろしく

bianca at 2007年12月20日 22:58
>つな様
さすがズボネコつな様、感度がよろしいようで。上海レズバーお勧めです!もちろん春春系イケTもいましたよ。チャイナガールと出会いにレッツゴーです。

>ジョナさん
実際に行ってみると、皆の底抜けの明るさに驚きます。映画「中国の植物学者の娘たち」のような悲観的なものは、少なくともこのバーからは感じられませんでしたよ。

>hikariさん
こちらこそありがとうございます。興奮して下の傷口が開かないようにお気をつけてくださいませ。

>まりりんさま
レズレズしいにも最近は色々なジャンルがあるのですね。ノンケの皆様にはぜひまりりんさんのような人を「レズレズしい」と認識して頂きたい。まりりんさんがレズアイコンになってくだされば、ジョディよりアンジーよりうれしいです。
そして私の彼女とのドエス&ドエムジャージ姿の2人をいつか見てみたいわ。
Kazuccine at 2007年12月25日 18:36
中国か〜、行ったことはないんだけれど、想像しているよりもずっとゲイビアンにフレンドリーな国になりつつあるんだな〜とか思っちゃいました。
まあ、確かに普段の生活では抑圧されているんだろうけど、それは日本でも似たようなもんだし。
「イクイク〜」と叫んでいるビアン子ちゃんたちの姿を想像し、どこが反日なんだよっ!なーんて感じたわたしです。
bianca at 2008年01月06日 23:21
年を跨いでの毎度の亀レス失礼しました。
今年もマイペースなbiancaですが、どうぞよろしくお願いしますね。
中国、今年は北京オリンピックもありますし、是非ゲイビアン方面にも注目してください。ゲイバーの数はもっと多いですよ。
meimei at 2013年10月26日 21:13
私も上海に住んでいます。今彼女を探しています。あ、私は女です。
bianca at 2013年11月05日 00:47
meimeiさん

熱烈歓迎meimeiさん!上海にお住まいなのですね。この記事は古いですが、今も上海にはたくさんビアン系のバーやイベントがあるのではないでしょうか?私が行ったときもすごく盛り上がっていました。meimeiさんに素敵な彼女が見つかると良いですね!もしよかったら上海のビアン事情を教えてください。また上海に行きたいです。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。