2014年12月22日

ある女性同性カップルの人生を描いた蔡依林の新曲「不一様又怎様(We're All Different, Yet The Same)」翻訳しました。

翻訳がなくとも映像で十分伝わるかと思うので、まずはどうか見てみてください。



蔡依林Jolin Tsaiは、台湾や香港などでは日本での安室奈美恵のように誰もが知る有名な歌姫です。実際コラボもしましたね。
彼女の新曲MV。予告でウェディングドレス同士のキスがあることでも話題になり、私も萌えていたのですが、その内容は実際に病院でおこった同性カップルの話が元になる、身を切られるような現実のストーリーでした。私は出張に向かうリムジンバスの中で初めてこのMVを見たとき、1人さめざめと涙してかなり不審な人物となっていたかと思います。

* * * * *

あるストーリーとともに、蔡依林の祈るような歌声が流れます。

空になったベッドの整理をする高齢の女性主人公に病院職員が話しかけます。
「彼女のご家族ですか?」「はい」「ではどういうご関係ですか?」その問いに対し、MVの最後に彼女は真実を答えます。
病院に運ばれる女性、それに付き添う主人公は手術の同意書を求める医師に「私たちは30年来一緒に過ごした親友です。どうかお願いします」と懇願するけれど、家族以外はサインできないと言われ、結局彼女の甥を呼ぶことになります。ついに平行線となる心電図。泣く主人公のもとにウェディングドレス姿の蔡依林が現れて手を引きます。そこにはウェディングドレス同士で結婚式をする幸福そうな女性2人。周りの祝福。この映像は2人の若いころの実際の経験なのか、それとも2人の関係の象徴映像なのかはわかりません。
最後、冒頭の病院のシーンに戻ります。
カーテンが開けられ陽が差し込んだ病室で、主人公は答えます。
「彼女は私の妻です」

* * * * *

以下はド素人の私bianca翻訳です。
意訳もあり、おかしなところもあると思います。今の私の精一杯の翻訳ですが、もっと良い表現があれば随時直していきます。
いつかきちんとした日本語版もプロが翻訳してリリースされる日が来ますように。
そしてこのMVがクリスマスプレゼントとして誰かの心に届きますように。



『不一様又怎様(We're All Different, Yet The Same)』

女性同士の愛情
簡単ではなく、また平凡でもある
同じベッドに寝て、人生を平凡でないものに変えた
どうすればいいの
一般的ではない、それが何でしょうか
一番愛する人は誰か答えを求めること
俗な永遠の誓いの言葉

世間は困るのでしょうか
違っていても同じように困難があり
違っていても同じように出会いがあり別れがある
それぞれの人生がある
それぞれ大切な場所がある
愛は抽象的な信仰ではない
血があり汗がある

パートナーと年をとり
特別な宝物を残した
愛することはどのくらいの勇気が必要だったか
あるひとつの愛情の形

さらにまっすぐな夢
違っていても同じ

違っていても同じように出会いがあり別れがある
それぞれの人生がある
それぞれ大切な場所がある
愛は抽象的な信仰ではない
血があり汗がある
誰が誰より幸せか 誰が決めることができるの

誰の許しも必要ない
この感動がただずっと伝わって欲しい

違っていても同じ
愛を望み信じる気持ち

違っていても同じ
辛いことから幸せなこと

楽しみや痛み
それぞれの人生がある
それぞれ大切な場所がある
神さまは神聖ではない
愛の信仰を 誰が決めることができるの

posted by bianca at 11:43 | Comment(9) | TrackBack(0) | 同性婚
この記事へのコメント
N at 2014年12月22日 15:28
素敵な歌を翻訳をありがとうございます。涙しました。ほんと日本でもリリースしてほしいです。
こんな時どうしよう…とやはり頭の片隅にあります。これから少しでも理解が進んでくれることを願います。
Naoco at 2014年12月22日 23:42
ビアンカさん、私も電車で観て泣いてしまったよ。
そしてビアンカさんがこのMVを翻訳して日本の皆にも観て貰いたい、伝えたいという情熱が伝わってきて胸が熱くなりました。
素敵なクリスマスプレゼントをありがとう!
assam at 2014年12月25日 01:48
まぢで泣けました!
翻訳ありがとう〜。もう一度泣きます!
riaya at 2014年12月27日 02:43
泣きました。悲しいけれど二人は愛し合ってたのだなと、また泣きました。いつこうなってもおかしくないのかな、とか自分と彼女の将来に重ねてしまったり、いろいろ考えてしまったり。
翻訳して載せてくださってありがとうございました。素敵な歌ですね。
at 2015年01月01日 21:53
初めてコメントさせていただきます。
随分前から拝見させていただいている1人です。
今回のPVの件、自分の境遇と近い話なので、思い切って投稿します。
出会って22年。付き合って17年。勝手に2人で結婚した感じで11年。
私は本当に幸せでした。突然、愛する人が倒れるまで。12日間頑張ってくれましたが、意識が戻らないままでした。
病院での待遇、親戚の人との対話、越えられない壁をたくさん感じました。
これが現実でした。誰よりも一緒にいて、誰よりも大切に思っている人なのに。親戚のおばちゃんに運命を選択される苦しみ。同じような思いして欲しくないと切に思います。
ぶにぃ at 2015年01月02日 18:58
こんにちは。
翻訳を読ませて頂き涙があふれてきました。

パートナーとどれだけ長い時間一緒にいても、周りの意見や意識はそうなんだと思うと張り裂けそうで苦しいです。
きっとたくさんの人がこの歌を聴いて感じることがあるはず。
たくさんの人にこの歌を聞いてほしいです。

日本でもっと理解が進んで、制度が変わって、ちゃんと関係を認められる世の中になっていってほしいと思います。

素晴らしい翻訳と歌を本当にありがとうございました。
後でパートナーさんと一緒にもう一度見させていただきます。
bianca at 2015年01月10日 21:33
>Nさん
安室ちゃんあたりが日本語版でカバーしてくれればと願わずにはいられませんね。普段は差別など感じないで生きられる場合でも、こうした時に初めて感じるなんて。本当に少しずつでも理解がすすんでほしいし、少しでも私にできることはないかと思いました。読んでくださってありがとうございます。

>Naocoちゃん
クリスマスも正月も過ぎてしまったけれど感想をありがとう。そうだ!なおちゃんに歌ってほしい。きっと多くの人に伝わると思う。私も泣いてしまうね。

>assamさん
かなり意訳も入っているけれど、それぞれの解釈で良いかと思います。泣けますよね・・・。泣いているだけではだめだなと思い、翻訳してみました。読んでくだすってありがとう!

>riayaさん
コメントありがとうございます。翻訳した甲斐ががありました。自分たちと重ねる同性カップルはとても多いと思います。でも、パートナーがこうした状況になる苦しみはセクシュアリティ問わずに理解できると思うので、そうしたときに更に辛い状況となる現実を少しでもわかってほしいですね。

>五番目にコメントくださった方へ
何度このコメントは拝見しても涙が出ます。辛い思い出を書いてくださって本当にありがとうございます。これが現実なのだと、改めて感じました。
お2人の大切な時間はずっとお2人の中で生き続けていると私は信じています。
でも、実際そうしたことだけでは乗り切れない不平等さ、やりきれなさ、苦しみはずっと残るのだと思います。「同じような思いして欲しくない」とおっしゃってくださっているメッセージを受け止めて、少しでも多くの人に伝わればと思い、迷ったのですが私のTwitterの方でもどうか紹介させてください。貴重なコメントを本当にありがとうございます。

>ぶにぃさん
昨年はオフでお会いできてうれしかったです。パートナーさんとぜひ一緒に見てみてくださいね。私ももっとたくさんの人にこのPVを見てもらいたいです。
LOOKY at 2015年02月03日 16:20
ジョリンと安室の新しいmvです〜
https://www.youtube.com/watch?v=C7wRb9adQUc
楽しんでください。
bianca at 2015年03月29日 21:48
あっLOOKYちゃん、書き込めたんだね?
お返事遅くなりごめんなさい。
やー安室ちゃんとコラボなんてうれしい。安室ちゃんにも「不一様又怎様」歌って欲しいわ。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック