2014年12月12日

TokyoSuperStarAwards2014

レズだって走っちゃう師走。
午前中に某試験を受けて抜け殻になった頭を(表彰される側でもないのに)盛るため美容室に寄ってから行ってきました。
年末恒例“人種やバッググラウンドの違いを乗り越え、社会とLGBTの架け橋となったスーパースターを讃えるTokyo SuperStar Awards2014”。
今年はGAP Presentsなんですね。そのせいかTSSAで感じる敷居の高さが今年はちょっとだけ親しめる雰囲気になっていたような気がします。

tssa2014.jpg

収益は全額子供たちの支援団体に寄付されるTSSA、受賞者など詳しくは公式サイトのレポートを。

まず、コミュニティ賞は日本の現在のファーストレディでした。個人的にはプライドパレードに参加されたりしてきたのだと思いますが、やはりこのことについてどうお考えかお聞きしたい。
同性愛者の人権施策、自民「不要」 民間団体の各党調査

そんなもやもやもありつつ、私と彼女は今年も一番後ろの一番端っこ、天井桟敷席で見ていました。
今年も隣にはミシェルさんとグリ子さんカップルがいたので、みんなで一緒にテレビを眺めるような感じで突っ込みなど入れつつ気楽に観覧。
メディア賞のゼクシィプレミアを「セクシープリキュア?」と空耳したり、東京ゲゲゲイの上手すぎるキレキレダンスに興奮して「東京レレレズやりたいね!」と絶対無理なことを言ったり。2人のおかげで2倍楽しむことができました。

makimu.JPG

そして、私としては投票した推しメンのまきむぅこと牧村朝子さん、小池みきさんが『同居人の美少女がレズビアンだった件。 』でカルチャー賞を受賞したのがうれしかった。
小池さんの「(まきむぅを)LGBTと思ったことはない」という言葉はこの本を読めばとても納得できる言葉。小池さんのような感覚の人が増えると良いなぁと思いました。
おぐねぇが「王子様」と紹介した海外賞のイアン・ソープの代理人にはオーストラリア大使館の方が来ていたのですが「いつかカミングアウトがニュースにならない世界に」と。
GFのチガさんが代理人となったMISIAの「全ての愛を応援しています」というシンプルな言葉にも胸を打たれました。
TSSAのあともゲイイベントのゲストに呼ばれているというmisonoちゃんのライブや、今回間違いなく一番客席を沸かせたバビ江さんのショータイムなど今年も盛り沢山でした。

stage2.JPG

私の個人的な萌えどころとしては司会の佐藤かよちゃんのフィギュアのような可愛さ。
そして私と同じ人類とは思えない足の長さ&天使のようなサラサラヘアはCLEARのせいですか!(宣伝です)の東小雪さん&ひろこさんカップルも会うといつも気さくで温かい気持ちにさせてくれます。

TSSAのオープニングにダイジェストで流れた今年のLGBT関連ニュースには、世界の同性婚事情や、ロシア・エジプト・ウガンダなどまだまだLGBTに厳しい国々で苦しむ人たち、映画『チョコレートドーナツ』のヒット、イアン・ソープ、アップルCEOなど著名人のカムアウト、福岡レインボーパレード、などが紹介されていました。

来年はどんな年になるでしょうか。
私にとって、あなたにとって、今年よりもっともっと良い年でありますように。

★過去のTSSA日記
・2013年12月13日 TokyoSuperStarAwards2013
・2012年12月03日 Tokyo SuperStar Awards 2012
・2011年12月10日 Tokyo SuperStar Awards 2011
・2010年12月06日 都庁で開催『LGBTアワード』

posted by bianca at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410493856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。