2013年09月05日

LUSHのロシア「反同性愛法」反対キャンペーンに行ってきたお昼休みのこと

あまり大きな声では言えないのですが、私はお風呂が嫌いです。
入りますよ!(人と会う前は)。
でも苦手です。どうしても嫌。しずかちゃんとか信じられない。
そんな風呂フォビアを克服すべく、私は色んなものに手を出しています。
努力はしてるのです。
ボディショップとかラッシュとか、ロクシタンはちょっとお高いけども、とにかくお風呂が楽しくなるような入浴剤やその周辺グッズを揃え、自分をなだめすかしてお風呂に入れています。やれやれ。


どうでも良い前置きが長くなりましたが、英国コスメのLUSH、こんなキャンペーンを実施してるのですね。

「ロシアの反同性愛法に反対します」
http://www.lushjapan.com/contents/supportrights/index.asp

ネット署名のほか、顔や腕などにピンクトライアングルを描いてSNSで投稿し意思表示すること、また“キャンペーン期間中にラッシュのショップに立ち寄ってスタッフに声をかけてくれれば、一緒にEmotional Brilliance『信じる気持ち』で△を書けます”とのこと。

これはちょっと行っておこうかしら、と。
カムアウト済みの同僚につきあってもらい、昼休みに職場近くのLUSHへ行ってみましたわ。

LUSH内にはどこにもそんなキャンペーン中とは書いてないし、さてどうやって切り出せば良いかしら?
LUSHの店舗ってたくさんあるけど(全国約145店舗らしいです)、店員全員にこのキャンペーンのこと行き届いてるのよね???
入店したばかりのアルバイトの子に「えっ、ゲイのキャンペーン???」とか言われたりしたりしたら・・・
それより、レズキターーーーーーーー!とか思われるかしら?
などと、自意識過剰な緊張が走ります。

ほどなく可愛らしい店員さんが接客に来たので、スマホ画面を見せながら「このキャンペーンに参加したくて来たのですが」と見せると、すぐにわかってくださり「若い人でも政治に関心をよせるのは良いことですよねー」と決して若くない私の腕をとって▽を描いてくれました。
落ちにくいようにパウダーもはたいてくれました。
そして店員さんの方から、一緒に写真撮っても良いですか?と言われ、店員さんもその場で描いたマークと一緒に撮影。

pink.JPG

何も買わなくても全然かまわなそうな雰囲気でしたが、こうしたキャンペーンを実施していることに敬意を示してパワーマスクを買いました。

pink2.JPG
店員さんに掲載許可頂きました!

同行してくれた同僚に「なんでピンクトライアングル?レインボーではなくて?」と聞かれました。
ピンクトライアングルはホロコーストで強制収容された同性愛者につけられたマーク。
私は映画『ベント −墜ちた饗宴−』を見て初めて知ったんだと思う。
この映画、収容所の中でお互い体に触れることなく愛し合うこともできるんだと、学生時代の私にはラブストーリーとしても衝撃的でした。

このような歴史が繰り返されないためにも、「反同性愛法(同性愛プロバカンダ禁止法)」というおそロシアな法律は見直して欲しいと思います。
posted by bianca at 23:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
なる at 2013年09月08日 22:04
こんばんは。はじめまして。
ブログを楽しく拝見させていただいている、
ビアンのひとりです。(・∀・)

ちょうど、日記を読んだ直後、新宿の地下道に
あるLUSHの前を通ったら、三角の印を描いてもらった男性と
女性の店員さんが楽しそうに談笑していて、嬉しくなりました。(^^)

LUSHさんの素敵なイベントに好感度が上がりました♪
bianca at 2013年09月16日 22:33
なるさん

熱烈歓迎なるさん!はじめまして。
コメントありがとうございます。
新宿のLUSHでもキャンペーン実施中の様子を目撃されたのですね!新宿はとくに多そうです。
私もキャンペーン期間中にもう1度くらい行きたかったのですが、すぐに終わってしまいました。長いスパンでやってもらいたいですね。
ロシアはその後、ゲイの親から子どもを引き離す法案も提案されているそうです。。。

ちなみに、購入したパワーマスク肌つるつるになってなかなか良かったですよ!
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374029002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。