2012年08月27日

ビールが飲める本屋さん

先日、下北沢にオープンしたばかりの本屋B&Bで行われたブルボンヌさんと小島慶子さんのトークショー「男と女」に行ってきました。

b&b.JPG
炭火串焼の上にあるというのもまた

本屋B&Bは、ビール(Beer)が飲める本屋(Book)なんですね。
下戸の私には単なるBのみになりますが、下北らしい木製アンティークショップのような店内はちょっと他の本屋とは違う雰囲気。本の並びにもこだわりが垣間見えます。

店内の奥に椅子を並べた手作り感溢れる特設会場が作られていました。
しばらくすると、テレビで見るより何倍も迫力ある美貌の小島慶子さんと、木製アンティークな店内との調和をゆさぶる紫衣装のブルボンヌさんが登場。

特に印象に残った話は、セレブ雑誌VERYでコラムを書く小島さんが、VERYマダムが目指すイイ女とは、実際に浮気はしなくとも常に男性から欲情されている自分ではないかと語ると、ブルボンヌさんがそれはゲイの中年男性にも通じると話していました。ゲイ男性は中年でも短パンをはいたり、肉体美を強調し、常に男性に欲情されている自分に価値を置く人が多いと。

これはベリイとバディ(ゲイ雑誌)の読者の思わぬ共通点?

レズビアンはこの辺どうかしら?女性に欲情されたい、という意識よりも女性(好きな人)に欲情することでレズビアンだと自覚する場合が多いのではないかと思うのですが。
また、見られる側よりも見る側にまわりガチな人が多いかなとイベントなどで感じます。

見る、と言えば他にも小島さんは興味深い話をされていて、妊婦になった途端、街中で妊婦が見えるようになった、と。それまで街に妊婦はいなかった。
やはり当事者にしか見えないことは世の中多いのですね。
私も街中でゲイダーが反応しますが(希望的誤作動含む)、見えていないノンケも多くいることと思います。
電車の中で目の前の人が「私レズとか見たことないし」と話してるのを見た時は、
「あなたには私が見えないのね?うふふ」
と幽霊になって憑いていきたくなりました。

話もどして、本に囲まれたアットホームな店内で間近に行われたトークショー。
女子アナも女装パフォーマーも女を装っている、というテーマを軸にして、テンポの良いお2人の掛け合いであっという間の楽しい2時間が過ぎました。
これでドリンク付き2,000円はお得!
お客さんも老若男女様々だったので、今度またあったなら母親もつれて行きたい。
ビールが飲めなくてもほろ酔いになれるトークショーでした。
posted by bianca at 23:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | イベント

2012年08月15日

同性カップルの家族割申請に勇気はいらないですよ

お盆は特に旅行の予定もなく、徒然に近所を徘徊していたときのことです。
ふと目にとまったソフトバンクショップ。
窓に張り付いて中を覗くと、いつもの大混雑はどこへやら。ガラーーンとした店内では店員さんが所在無げに空を見つめています。何かソフトバンクに用事なかったかしら?と、自分を棚にあげて暇そうな店員さんへの仕事を考えたところ(余計なお世話)、思いつきました。

確かソフトバンクって同性カップルにも家族割が適用されたはず。

プライドパレードに協賛したり、ゲイ割と言われたり、レズビアンカップルも実際に家族割できた!という噂もかなり前から聞いていましたが、私たちは適用していなかったわ。
24時間通話無料と言っても、同棲していたらそんなにかけることもないし、何より勇気をもって申請にいくのが面倒くさい。そんな理由でした。

でも、行ってみましたよ。
彼女はカナダで取得した結婚証明書(日本では無効)を持参する気合の入れよう。
どうしたのかしら。

空調の効いたショップに入った瞬間、さすがにちょっと緊張。
が、なんとカウンターに座ってから所要時間約5分。
発した言葉は「一緒に住んでるので、家族割にしたいんですが」だけです。

白紙に2人の携帯番号を記入→運転免許証提出→どちらかのサイン

これだけでOK、2人の関係などは一切聞かれませんでした。
カムアウトするくらいならばと尻込みしている人は、気軽に行ってみると良いと思いますよ。
でも、世の中には同性カップルもいるんですよと主張したい人は堂々とカムアウトしてラブラブ申請するのも良いかもしれませんね。
あと、内縁の夫婦やルームメイトも「家族」と定義されます。
血の繋がりや法的な繋がりに関係なく「家族」になれるのはいい感じですね。


■ パリ×ベルリン発 レズビアン&クィア・アート写真展

L_art.jpg


♀8月25日(土)にレズビアン・クィアアート写真展&トークイベント詳細

なんだか、とっても、オシャレズ・・・。
ここに行くだけで、目からお洒落ビームが飛びこんできて、この夏はお洒落になれる気がします(激しい思い込み)。

■Dates/8/20(Mon)-9/1(Sat) 12:00-17:00
■Entrance/500 yen
■Place/銀座・ヴァニラ画廊
■Access/www.vanilla-gallery.com/access/
★8月25日(土) 展覧会特別トークイベント&パーティー
●Guest/飯沢耕太郎&カイザー雪
●Entrance/1500 yen(1D)
●Time/18:00-19:00(19:00-20:00 party)
posted by bianca at 22:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | カミングアウト

2012年08月08日

ホラーな祝福キティさん

先日、カナダ挙式(Happy Day Weddings)から3周年を迎え、
ドSがこのようなものをプレゼントしてくれました。

kitty11.JPG
花に埋没仕事を選ばないキティさん

こっそりと用意する彼女が愛おしいです。
本人は全くファンシー趣味ではないのに、私に合わせてくれてごめんなさい。
赤いリボンをつけて花となるキティさん。

実はこのキティさん、オマケのクールビズ効果がありました。
熱帯夜をちょっと涼しくしてくれる画像をどうぞ↓





【閲覧注意】





kitty22.JPG
1週間後にミイラ化したキティさん


ごめんねキティさん、こんな姿をアップして・・・。
少しでも涼しい気持ちになれた人がいるならば。
いつも捨て身で仕事を選ばないキティさんだから許してくれそうです。

でも、どんなに花は色褪せても我々の愛は色褪せません!!!(暑苦しい)。

挙式まで10年、それからあっという間に3年、そしてこれからも一歩一歩、彼女と仲良く生活していきたい所存です。
よく「長くつきあう秘訣は?」と聞いてくださる方がいますが、それはひとえに誘惑がないこと=モテないことのようです。身も蓋もなくてすみません・・・。
華麗なる女性・男性遍歴をもつモテモテの人も、何者にも束縛されない自由な人も、ずっと1人の同性とつきあう私のような人も、それぞれの幸せがあってそれぞれの悩みがあって、どんな生き方をしてもOKな世の中でありますように。



◆今週末はLGBTパレード

今週末土曜日は代々木公園でSave the Prideがあるようですね。
http://ameblo.jp/save-the-pride/

bba.JPG
昨年の台湾パレードにて

世界中のオリンピックを応援するオリンピックおじさんの足元にも及びませんが、
パレードを応援するレインボーおばさんも地味に見守る予定です。
行かれる方はお会いできればうれしいです。
posted by bianca at 23:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | 同性婚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。