2012年04月29日

あたしのオンナ

友人がドライブ中に話してくれた職場の出来事。
同僚男性がお弁当を持ってきていたので「わぁ、作ったの?」と聞いたら

あ、これオンナが作った

と返ってきて鳥肌が立ったそう。
なにオンナって。彼女のこと?お母さんじゃないよね?

彼女のことを「オンナ」と呼ぶ男、いかがでしょう?

この場合、最初は弁当男子(この呼び方もどうかと思うが)かと一瞬株が上がったのに急降下だったようです。
いえ、世の中にはそれがワイルドでかっこいい!素敵!抱いて!と思う人もいるかもしれないから、お相手さえ良ければ良いのかもしれませんが。

私の彼女が外で私のこと「オンナ」って呼んでたらどうしよう。
お前もオンナだろと。ちょっと笑っちゃう。

初めてゲイが他のゲイを「あの女(ブログ愛読してます)」と呼んでるのを見た時も不思議に思ったものです。この場合は親しみ?や揶揄で呼んでるのだと思うけど。でもきっと自分の彼氏のことは「俺のオンナ」って言わないよね。

逆にノンケの場合は対外的に性別で呼ぶことで「男女の関係」を暗示してるのかしら?
って「男女の関係」という言い方ももはや死語かしら?
性的な意味なら「男女の関係」だけではなく「男男の関係」も「女女の関係」もありえるわけです。
ニホンゴムツカシイネ!

tokyotower.JPG
明日まで東京タワーはレインボーに点灯するようですよ

それはさておき、今日は東京レインボープライド2012ですね。exciteニュースでも取り上げられていましたね。
本日は、ものすごいピーカン照りですね。
私は周りの視線より紫外線の方が恐ろしいので、木陰からそっと応援したいと思います。

jiayou.JPG
posted by bianca at 10:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常

2012年04月18日

熱海ランデヴー

彼女と2人、熱海に行ってきました。
東京から近いですね。新幹線で旅気分を味わう間もなく熱海駅到着。
こんなに近かったかしらとびっくりです。

kittybento.JPG
キティちゃんのまい泉弁当もびっくり

maenohito.JPG
前の座席の人の髪型もびっくり

welcome.JPG
気を取り直して、熱海駅でお出迎えしてくれた銅像にご挨拶

日曜日に到着したからでしょうか?のどかですね。人がいませんね・・・。
多くの閉まっている店や廃墟が目につきます。
海岸にもほとんど人がおらず、波も風も、静かです。

ひとまずホテルの部屋に入るとその静けさをぶち壊す騒音が。
何事かと覗いた窓の外には、ブンブン音を立てて走る背もたれの長いバイクの一群。
熱海の海岸通りがホットロードと化す午後3時。
レズ狩りにあったらどうしよう」と無駄に怯えるも、しばらくすると一群は去っていきました。

彼女と2人、安心して海岸に出ると、まるで私たちを歓迎するかのように(お天気脳)、バケツの洗剤に浸した長い棒を2本を使って大きな大きな(レインボーの)シャボン玉を作っている人がいました。
なんて楽しそうなの!

shabong.JPG
早速声をかけてやらせてもらいました

イタリアあたりだと、こうした楽しげなことを勧められた後、いきなり真顔でお金をせびられることがありましたが、ここは日本。平和な熱海。
無料で存分に楽しませて頂きました。

その日の夜、ホテルでお食事の最後に可愛らしいケーキのサプライズが。
私と同じく驚いている彼女。あれ?
彼女いわく部屋を予約するとき「連れが誕生日なのでなるべく良い部屋にして欲しい」と頼んだけれど、レストランにまで通達されているとは思わなかった、と。
細やかな気遣いが素敵なホテルでした。

ホテルで露天温泉を楽しんだ翌日は熱海観光。
寂れた町並みが不思議なエロスを感じさせます。
余談ですが、覗き見えたラブホテルの駐車場はほぼ満車でした。
熱海はただひたすらに、このゆったりとした時間に身を委ねるか、もしくは全力で攻めの楽しみを掴み取るかが正解ではないかと。
彼女は老人のように熱海を散歩する受けの姿勢なので、私は攻めましたよ。

omiya.JPG
DV像の前で

観光中のおじいちゃんから「よっ!お宮」とお声が。
熱海城もコスプレの宝庫です。金のしゃちほこに乗ったり、衣装が用意された殿様や町の小娘になったり歴史資料を見たりと、閑散とした城内を全力で楽しみました。

そんな私の姿勢に感化されたのか、何かが吹っ切れたのか、受けの姿勢の彼女までがこんなことをしでかしました。

binochi.JPG
電燈の上のカラスも呆れてます

さすが秘宝館が山の上から見守る熱海。
カップルをちょっとおかしなテンションにさせるようです。
何より13回目のこの日も彼女と一緒に過ごせたことが、とてもうれしかったです。
posted by bianca at 02:19 | Comment(7) | TrackBack(0) | 旅行

2012年04月10日

どっちがご飯作ってるの?

レズビアン同棲カップル同士のキャッキャウフフなトークで
どっちがご飯作ってるの?
というのがありませんか?
これノンケカップルではあんまり聞かれることがないように思いますが、いかがでしょ。
最近はそんなこともないのかしら?

ちなみにうちのアンサーは「ご飯はつくりません」。

 ======== トーク終了 ========

正確には彼女がたまに作り、私が4年に1度くらい作ります。

昔「彼氏ができたら作るようになるわよ」と言われたことがありました。
そのへんはまぁレズですからと逃げられるのですが(※注意:料理の上手いレズビアンもたくさんいますね)。
料理をしないと言うと、まるでオンナ失格、いや人間失格のように言う人がいます。

私は言いたい。

あなたは衣服を手作りしてますか?住居を手作りしてますか?
多くの人はその道のプロフェッショナルに任せてますよね。
なぜに衣食住の「食」だけ手作りできないと、特に女性はそれができないと白い目で見られるのでしょうか。
私は、食事もその道のプロフェッショナルに任せたい!

タイの一般家庭にはキッチンが無いそうです。皆、外食、もしくは持ち帰りだから。
中国も朝食は外食と聞きます。都市部だけかもしれませんが。
しかもここは日本ですが。

cake.JPG
♀♀カップルは一緒にご飯作ったりして楽しそう♪
とか言われたりするとツライ


彼女が社会人で私が学生だったつきあい初めの頃、こんな私でも朝早く起きてお弁当を作り、彼女に持たせたりしていました。
一度そうしたことをしてみたかったんですね。オママゴトですね。
彼女も最初のうちは「恋人の手作り弁当」と喜んでくれたかもしれません。
ですが、私は致命的に料理が下手です。
きっと外で買ったり社食で食べるご飯の方が100倍美味しくて栄養があります。

私は彼女に手料理を作ることが愛情だと思っていました。
でも、彼女は私の手料理を前に「愛情を試されている」と怯んでいました。
そして彼女も毎日するほどは料理好きでもないし仕事が遅く時間もありません。

それに気が付いた結果、私たちの場合は美味しいものを2人で買って食べるのが一番幸せだね、ということになりました。
posted by bianca at 23:38 | Comment(5) | TrackBack(0) | ドSとのこと

2012年04月03日

面食いの彼女

私の彼女、面食いなの〜、とか、一生に一度で良いから言ってみたいbiancaです。
嵐の夜にこんばんは。

彼女がまた不思議な子にハマったようです。
それは友人から「Instagramにヤバい子がいるから見てみて」と紹介されたことがきっかけでした。
中国のSnoopyちゃんです。

snoopy1.JPG → snoopy2.JPG
「なんだこりゃ!」「…なんだ自分の尻尾か」 

彼女から毎日このSnoopyちゃんをキャプチャした写真が送られてきます。

彼女は中国語で書かれている飼い主さんの言葉を「これなんて書いてあるの?」と聞いてくるので、私は親切に翻訳してあげるだけでなく、オタク性分を発揮してSnoopyちゃんのスペックを中国サイトまで飛んで調べてあげましたよ彼女のために。
興味のある方はこちらへ。3.5kgって意外と軽いけど、サバよんでる?
住んでるところは四川省!私の好きな李宇春と同じところね。

猫世界も正統派より個性派がモテはやされてきたのかしら?

たまに映りこんでいるSnoopyちゃんの飼い主と思われる女性がとても綺麗です。
人は自分にないものを求めるのかもしれませんね。
・・・私は正統派の美人が好きです。

ちなみに私がハマったInstagramアカウントはlezzgirlsさんです。

lezzgirls.jpg
lezzgirlsさんより

毎朝電車の中、真顔でこんな画像を見てるOL(Office Lesbian)がいたらきっとそれは私です。

◆ 彼女が私にくれたもの・・・続きを読む
posted by bianca at 21:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。