2012年03月28日

ネコLOVE女子会レポ

すっかり1週間タチ、今は昔になりつつありますが。
『ネコLOVE女子会』に来てくだすった自称女子な皆様、ありがとうございました。

先週、都内某ネコカフェに「ネコと女子」が好きな55名の女子が集まりました。

enter.JPG
ガラスに貼ってます

わかりやすいよう、入り口には三ヶ所ポスターを貼らせてもらいましたが、辱めを与えてしまい余計なお世話だったようです。
今回オフ会が初めてという方もチラホラいらっしゃったようなのにごめんなさいね。

お酒NG、夕飯持込み、3時間ネコカフェというオフ会、いったいどうなるのか幹事もハラハラでしたが、そこはキャバネコの可愛さがカバーしてくれたのではないかと。

no1.JPG
当店ナンバー1?

しかしネコ好きとの交流オフ会、というより、ネコとの交流オフ会というほどに皆様ネコ(に)まっしぐら!
55人も女子好き女子が集まってるのに、ネコしか見てないわ?シャイなの?

いえ、大丈夫。

「愛とはお互いを見つめあうことではなく、ともに同じ方向を見つめることである」
と、フランスの偉い人も言ってました。きっとこの日も愛が生まれた、はず。


一心不乱に漫画を読みふけるカップル、マッサージチェアで1人癒されてる女子、パソコンでネットしてる女子、ひたすらネコのパパラッチと化す女子、畳で寝ている女子・・・。

ここはあなたのお部屋?いい感じのくつろぎ具合です。

そんなものだから、一番盛り上がったのはネコドンペリタイム。
抽選で当たった8人はネコおやつをあげることができ、このときは店中のネコが集まってくるのです。
そのネコを囲むように女子たちが。

don.JPG
ネコドンペリ入りまーす!!

私は、彼女たちがこの様子をTwitterやInstagramに上げた写真を夜中にひっそり回収する作業が楽しかったです。

今回出入り自由にしましたが出入りする人は少なく、途中でお弁当を買って戻ってくる人が何人かいたくらいでしょうか。
お菓子やチョコレート、苺の差し入れなど、とてもうれしかったです。

また、私の彼女をはじめネコアレルギーの多さにも吃驚です。
棘に刺さっても触りたい薔薇のような魔性のネコたち。恐ろしい子。

私自身は今回のオフ会ではわりと多くの方と話せたと思います。
お初の方はもちろん、数年ぶりに会えた方、カナダで挙式直前のカップル、いつものメンバーなどなど、3時間があっという間でした。


世間では男女の「ネコンカツ」と呼ばれるネコカフェ婚活が流行ってるとか。
ちょっと調べてみると、人数的にはネコLOVE女子会の方がずっと多いです。
レズビアンパワーと言えるでしょうか。

ネコカフェのスタッフさんにも貸切で一番多い人数だったと言われ「皆様お友達なんですか?」と聞かれましたが、「女子会です」とズレた回答をしておきました。
「ぜひまた使ってくださいね!」と何度も言われましたので、女子好き女子のネコカフェオフも増えていけば良いなと思う次第です。


今回、W幹事のまゆちゃん、そしていつもお世話になりっぱなしのCoochin嬢をはじめスタッフの皆様も、ありがとう。

◆ 新宿2丁目ポータルサイト・・・続きを読む
posted by bianca at 00:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | オフ会

2012年03月18日

女装の麗人

早朝、トイレから彼女の悲鳴が。
何事かと見に行くと・・・

tukema.jpg
毛虫か何かと間違えたのね。可愛いわ。

つけまって帰宅してから「あ!したてんだ」と思った時にその場で取るから神出鬼没。
ちなみにつけまつげとバスタオルは何回使ったら取り換え時なのかよくわかりません。
どなたか教えてください。


さて先日『プロパガンダ』という都内最大女装ニューハーフイベントに行ってきました。
最近レズビアン系のイベントにも行ってないのに、なぜ私はここにいるのかしら?(仕事です)

客層は女装7割、男性2割、女性(パスしてるMtF?)1割という感じでしょうか。

クラブをイメージしていたので、300人収容のサロンに多くのソファボックスがある明るい雰囲気には驚きました。女装談話室という感じです。
同じソファに座った女装子さんとは「そのつけま可愛いですねー」「二枚重ねてるのよー」なんていう普通の女子(女装)トークをしました。

前方のステージにはDJブースもあるのですが、踊っている人はおらず、大好きなSuperJuniorがかかったときだけ私と彼女はノリノリ(私たちは終電で帰ったので深夜にはもっと違う雰囲気になるのかも?)。

女装は、凝った和装、ビキニの水着、セーラー服、ゴスロリ、OL風スーツ、猫耳、などジャンルはもう何でもアリ。毎月これだけの女装者が歌舞伎町に集まるのはすごい。

考えてみたら、日頃、女性は「つけ髭1つ」、男性は「口紅1本」で、常軌を逸した「異性装」になるのですね。女性がつけ髭をつけて電車に乗るのは厳しい。髭の男性はたくさんいるのにね。
そしてネクタイのサラリーマンが口紅を引いて歩くのもなかなか勇気がいることでしょう。OLの化粧はマナーのように言われているのにね。

男女平等に伴い外見もユニセックス化してると言われているけれど、まだまだ異性装のハードルは高いようです。
そうした日常の暗黙のルールから解き放たれて自由にいられる空間がここなのかもしれませんね。

* * *

さてさて明日はいよいよネコLOVE女子会です。
可愛いネコたちと、可愛い女子と、ネコトークをまったりできればうれしいです。

neco_off.jpg
posted by bianca at 22:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | イベント

2012年03月10日

あおいくま

今日、初めて私と、母と、彼女と、彼女のお母様と4人で食事をしました。

aoikuma.JPG
たすけて!あおいくま

あおいくまの格言=せらない、こらない、ばらない、さらない、けない


私たちはノリで結婚式まで挙げてしまいましたが、彼女側のご家族にはまだ完全に受け入れられているわけではありません。5年前に彼女はお母様にカムアウトしましたが、そこからが大変でした。
しかし、それから何度かお会いする機会もあり、徐々に、徐々に認めてくださってきたのかな、と思うことも増えました。

今回もキバって計画したわけではなく、お互いの母と食事する予定があったので「せっかくだから4人で食事してみようか?」という彼女の思いつきから。

それからは私、キバりまくりでしたけど。

そして、それは私たちをずっと見守ってくれていた私の母も同じだったようで「どんな格好をすればいいかしら?派手がいい?地味目のほうがいい?」と割とどうでもいい自分の服装のことを気にする母。

そして今日、個室の懐石料理のランチに私たちが招待しました。
いつも通り、よくお話しする快活な彼女のお母様。
いつもと変わって、借りてきたバリネコ状態な私の母。

特に2人の関係について、深い話をしたわけではありませんでした。
友達と食事をするような、健康のことや、趣味の話などをして過ごしました。

夕方、彼女のお母様から彼女へメールがありました。
「のんびりしてるけど、とても良い子ね。2人で健康に気を付けて仲良く生活しなさい」
と書かれていました。
読んだ私たちも、これを報告した私の母も涙。
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

血縁や性別や年齢や国籍などに囚われない、人とのつながり、愛情。
それは新しく生まれて、横に、縦につながっていく。


明日は日本で、とても多くの人が大切な人を亡くした日。
大切な人を亡くす経験は、生きている限り必ず訪れる。
それは規模ではなく、1人1人に起きること。
亡くしたときに初めて気が付くこともあると思うけれど、こうして顔を見合わせることができている間に、私は大切な人をもっともっと大切にしたい、感謝したいと思います。

posted by bianca at 21:30 | Comment(12) | TrackBack(0) | カミングアウト

2012年03月05日

転んでもタダでは起きぬ

私はよく転びます。

実際にも転ぶし、失恋とか、中退とか、補欠とか、転職とか、人生にもよく転んできたように思います。

彼女からは、biancaは転んで倒れたらきっとそのうち誰かが起こしてくれるわと大の字でうつ伏せになってるタイプ、と言われたりする(そしてそのまま上から踏まれていく)。

そんなことないのよ!私は転んだら、確かにすぐには立ち上がれないかもしれない。
けれど、今の状況で何が見えるかそのまま見てみるのです。

そして、あ、綺麗なお姉さんのおパンツが見えたわ♪なんて、そんな小さなラッキーでも良いので感じたら、何とか自分で立ち上がってきました。自分のペースで。

寝転んだまま“白馬の王女様”を待っても来てくれないもの。

でも、今は彼女に手を引っ張ってもらってると感じることがとても多いのは事実。
人という字は人と人が倒れないように支えあってるようにも見えるし、片方が片方に寄りかかってるようにも見える。

彼女とつきあって12年経ち、私は彼女と合わせて「人」になっているように感じる。

でも、本当はこれじゃいけないとも思っている。
1人でも十分に生きていける人生。

でも、彼女がいたらそれが薔薇色で虹色の人生になる、そんな関係が理想です。


arigato.JPG
先日彼女からもらったクッキー
posted by bianca at 00:13 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。