2011年10月19日

今昔百合物語

電車の中、私の目の前に座っている女子高生らしき2人がカップルっぽいのです。

ネコ風「メール、誰から?」
ボイ風「え?別にいいじゃん。見ないでよ」
ネコ風「怪しい!見せてよ」
ボイ風「なんで?ヤダよ」と、ケータイを高く持ち上げる。

瞬間、ネコの両手がボイの胸を鷲掴みにして「見せてよ!!!」
ボイ「ギャー!何すんの」
真っ赤になって胸を抱え込むボイからケータイを奪って素早くチェックするネコ。


という妄想を目の前にいる女子高生2人を見ながら繰り広げた帰社途中。
病院に行った方がいいですか?

いえ、半分はノンフィクションですよ。どこからが妄想かはご想像にお任せします。
いやむしろ私の想像にお任せください。

台湾に行く前に終わらせなければならない仕事が山積みで疲れているんですわ。
ちょっとした百合妄想は私の清らかな栄養剤、許してください。
と、誰になく弁解してみたりして。

es.jpg
「女学生手帖」より

百合と言えば、「女学生手帖〜大正・昭和 乙女らいふ」という本を読み返していたのですが。
大正末〜昭和初期の雑誌に寄せられる『乙女の悩み相談』の半分は同性に対する恋愛?相談なんですね。それは同性愛の苦悩ではなく、例えば「ドS様は私を本当に愛しているのでしょうか?」というような相談なのです。厳密にはそれは恋愛とは区別されるエス(百合的な)関係なんでしょうが、回答者もどうしたら2人の仲が睦まじくなるか真剣に答えてくれています。

この時代は女学生の男女交際はタブーだったが故だとは思いますが。
例えば「男性とキッスをしてしまった」という悩み相談には

「キッスのような非衛生なことは婚約者の間でもやってはいけません。活動写真やその他に影響された外国人の猿真似にも等しい愚かな事です」

と切捨て、今読むと逆に刺激的な回答が並んでいます。

そんな感じで、軍隊で一時的なゲイ関係が発生するように、大正・昭和初期にはエスも流行ったのだと思いますが。当時にもガチはいたはずだし、同性と地に足の付いた関係を人知れず築き通した人もいたであろうねと思いを馳せつつ。

現代の私はと言うと、これは妄想ではなくリアルなんですが(多分)、最近初めてスピンドルオフとやらに行きました。私はマイペースな性格故か、SNSなどネット上での密なつきあいには疎く、blogもTwitterも好きなときに好きなことを自分勝手に書き散らかすだけなので、スピンドルもたまに立ち上げては書き込む程度。更にバージョンアップして機能が増えてからは用途がわからなくなっていたのですが、周りではご近所オフなどを楽しんでらっしゃるご様子。
それで先日、友人からK-POP好きスピンドルオフがあるからおいでーと全くスピンドル関係ない感じで直接メールで誘われ参加させてもらいました。しかしみんなスピンドルを持っているから立ち上げると「あ、私はこれでアナタはそれで」とすぐにGPSで繋がって面白いのねぇ。

エス的妄想に耽りがちな私は、大正・昭和初期からタイムトリップした気持ちで現代の“Lガールズ”の交流を眩しく感じましたとさ。

kebukai.jpg
今も昔も変わらぬ乙女の悩み
posted by bianca at 23:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月05日

台湾LGBTプライドに行きたいわん

・・・めっきり寒くなりましたね。

「台湾に行きたいわん」これを思いついたドSが鼻息荒く書けと言うので書きましたよ。
笑いの沸点が低すぎて(しかもピンクが好き過ぎて)パー子の異名をとる私でも、これはいかがなものかと思いましたが。結局タイトルに採用、彼女に甘いのよね。

さてそんなことはどうでもよくて、2011年『台湾LGBTプライド』パレードですわ。

◆日にち:2011年10月29日 13:00〜19:00

◆場所:台北 凱達格蘭大通スタート

◆公式サイトhttp://twpride.org/

アジア最大規模、昨年は3万人動員、今年は5万人を見込んでるらしく、なぜに台湾はここまでLGBTパレードが盛り上がるのか謎です。
義援金200億という親日ぶりも不思議です。
どちらも、とてもありがたいことだと思いますが。

毎年この時期はアジア全土からパレード参加者が台湾に来るらしいので、パレードは台湾としても観光・集客の1つの目玉となっているのかもしれませんね。日本の台湾観光サイトにも記事がありました。

badi.jpg
台北最新スポット&パレード特集

11月号の『Badi』にはgossip(1周年おめでとうございます☆)の記事が載っているので見てみたら台湾パレード特集が!モテる中国語や台湾ゲイファッション、そしてレズビアンバーまで満載です。

しかし最近のゲイ雑誌の表紙はこんな感じなの?エグザ○ルみたい。
ずいぶんお洒落なのねぇ、なんて開いてみてびっくり。
扇情的な写真に“神秘的ですらあるケツの○”など幻想的な文言が並びます。
レズゲイ映画祭情報なども載ってはいるものの、やはり「成人向け雑誌」。
ジャンルがかなり多岐にわたっていて、美少年、老け専、男の娘までも載ってるのには驚きました。
これは紙媒体が少なくなり住み分けできなくなった所以でしょうか?

なんてゲイ雑誌の考察は良いとして、台湾でした。

私は昨年、諸事情でパレード直前に帰国しなくてはならなかったので、今年こそはと思っています。
昨年トラビアン・ナイトで1度しか着ていないレインボーワンピを着る予定なので、見かけたら声をかけてくださいね。あの直立した鯉のぼりのようなワンピは異国と言えども勇気が必要ですが。
臭いけど嗅いでみたい、恥ずかしいけど着てみたい、人間は複雑な生き物です。

torawanpi.jpg
直立鯉のぼり

「第9回 台湾同志大遊行」今年のスローガンは「戦おう!性差別をなくそう!」だそうです。
スローガンはカタいですが、思い思いの自分らしい格好、音楽で見るものを楽しくさせる、そんなお祭りになればいいな、と思っています。



◆過去の台湾関連記事
2006年10月11日『台湾同志旅10/7-10』
2010年10月30『台湾 Lesbian Shop+Gay cafe』
posted by bianca at 23:07 | Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。