2011年06月30日

女子力とレズ力

レズ力ってなんでしょうか。
れずかじゃないですよ。テレカでもないですよ。懐かしいわねテレカって。

巷に女子力アップの術は飽和してるのに、レズ力は見当たりません。

男に頼らず生きていく経済力?女子から頼られるかっこ良さ?周りを説得しカムアウトする真の強さ?
うまく隠し通して周りと共存していく処世術?

わかりません。

私の思うレズ力は、何があっても愛する彼女と一緒に生きていく強さ、かなと思っています。


とは言ってもレズビアンはそれぞれの生き方があるので、何がレズ力かなんてわかりません。


女子力に関しては、最近なんだかすごい記事を見つけまして「これこそ凄まじい女子力だわ」と感心しましたのでご紹介。

◆生きたカタツムリで「カタツムリ美容パック」したらカタツムリが死んだ
ロケットニュース24

escargot.jpg
うちにもありました。

『「ある女性がクリームを買うより安上がりと、生きたカタツムリを直接肌に乗せる「生カタツムリパック」にチャレンジした。』ってすごいですね。
私はマスクパックですら「でんでん虫か…」と戸惑ったくらいなのに、美のためにはそんなこと言ってられないのですね。
しかも経済的なことをちゃんと考えているのも“いい嫁になる”女子力と言えるかもしれません。
『カタツムリが疲れすぎないように一勤一休のシフトを組み大切にしていた』という優しさも女子力ポイントじゃないですか。


しかしカタツムリは次々とお亡くなりに…。

この女子はちゃんと獣医にかけこんでるので、結局医療代がかかったことでしょう。
こんなところにもそそっかしい“お母さん”につながる女子力が。

化粧水でアルコール中毒になったカタツムリは可哀想ですが、私が最近一番“女子力”を感じた少し微笑ましいニュースでした。

lovin.jpg
生カタツムリパック中

彼はもしかしてブームを先取りしていたのかも。
復活してくれないかしら。
posted by bianca at 00:58 | Comment(9) | TrackBack(0) | Lの世界

2011年06月27日

レズのふりが若者のトレンド(ベトナムガイド.com)

少し先ですがベトナムに行くことになりましてあれやこれやと調べているのですが、ベトナム発総合情報サイト「ベトナムガイド.com」にこんな記事が。

レズのふりが若者のトレンド

レズビアンを真似た行動や服装が若者の間で流行している。
ホーチミン市9区のTは、友人たちとはまるで違う男のような服を着て、半分が長く半分が短いヘアスタイルをしている。実際は美しい少女なのだが、自分を男のように、また、男に劣ることなどないことを示そうと彼らとケンカばかりするので、男友達にも敬遠されている。

続きはコチラ


2009年の記事なのでもうとっくにレズのふりブームは過ぎ去ってるかもしれないのですが、それにしても酷いわ〜。喧嘩して女に貢いで連れ回すのがレズのふりですか。
『14〜15歳の学生たちが男女のカップルのような行動をとる』とあるけれど、それなら「レズのふり」じゃなくて「男女のふり」よね。
日本の「お姉さま」的エス文化ともマリみて風とも違うようだし。

『心理学の専門家によると、レズのふりをしてしばらくすると、本当のレズビアンになる。それからやめようと思っても簡単にはいかない』
というのも意味不明です。
ならば、レズビアンはノンケのふりしてしばらくすると、本当のノンケになるんでしょーか。
多くのレズビアンはノンケのふりして生きてますが。

fo.jpg
大好物の渋谷デパ地下“サイゴン”辛口シーフードビーフン

そんな感じで『レズのふり』にはびっくりですが、初のベトナムは楽しみです。
フォーや生春巻など、ベトナム料理も大好きなので。
…そういえば以前「フォー!」とか叫ぶゲイのふりした芸人がいましたね。

ベトナムでオススメの場所があれば教えてくださいな。

◆ メイド&男の娘:秋葉原ツアー・・・続きを読む
posted by bianca at 00:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行

2011年06月16日

写真集『Tokyo BOIS!』とほめ殺しカフェと。

ボーイッシュづくし写真集『Tokyo BOIS!』が我家にやってきました。

tokyobois.jpg
Kも載ってたわ〜

プロが撮るとこんなに雰囲気が出るのね。
しかもBOISだけではなくGIRLS(?)とのラブショットもある。
♀♀カップル萌えとしてはこちらもおいしく頂きました。

Amazonでの売行きも『写真集、写真家、作品集の3部門で、それぞれ2位・2位・3位』らしいです。
誰が買ってるのかしら?購入者層が気になるわ。
これ買ったノンケの方々の感想を聞いてみたいです。


六本木のトークイベントも大盛況だったようですね。
私も楽しみにしていたのですが、仕事で行けませんでした(涙)。



■ ほめ殺し&皿割りカフェ潜入レポ

『BOIS!』トークイベントの日、私は別のイベントの仕事で秋葉原にいました。
イベント終了後、BOIS!にも行けなかったし全力で癒されたい!
ということで、同僚と一緒に近場のほめ殺し&皿割りカフェ「ほめほめ☆さらさら」へ行くことに。

入店すると「まぁ、綺麗なお姉さま方いらっしゃいませ」と私たちよりも若く美しい女性店員に迎えられ、急傾斜な階段で2階に案内されます。
大きな荷物を抱えてのぼる私に「まぁ、そんなに細いのに大変」と棒読みされて転げ落ちそうになりましたが、大地に根をはる大根足でなんとか踏み止まりました。

で、席に着いたのですが、ここからは全く普通のカフェ。
同僚と「もう褒めるとこが見つからないのかしら?」と話してると、店員が白い紙皿を持ってきました。
階下の皿割り部屋に入ったらこれと陶器の皿を取替えてくれるようです。

では割ってくるかと階下に降りると、先に皿を割っている男の集団が。
そこに響く彼らの怒鳴り声と皿の割れる音に、私のガラスのハート方が先に砕けてしまいました。
心臓に毛が生えてると言われる私ですが(毛深いせい)、足がすくみ結局1枚も割レズ。
しかし同僚は嬉々と割ってスッキリしていたので、ストレス解消法は人それぞれなのね。
皿割りは心理療法「破壊セラピー」とも言われてるようですが、私には向いていなかった。

でも「褒める」というコンセプトは良いかもしれません。
人の粗を探して陰口ばかり言う人間より、人の良いところを見つけて素直に褒められる人間になりたい。
「粗探しカフェ」とか「陰口カフェ」より、「ほめ殺しカフェ」に行きたい。


そういえば女子校時代、誰かのストッキングが伝線すると、ワーッと集まって引き裂いていました。
あれも破壊セラピーだったのかしら。

私はスッキリよりドキドキしましたけどね(遠い目)。
posted by bianca at 23:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | Lの世界

2011年06月09日

【Tokyo BOIS!】六本木で会いましょう【トークイベント】

近頃お茶の間を賑わすオネエバブルも、経済効果抜群のAKB総選挙も良いけれど、ここらでひとつ、BOISはいかがでしょうか?

★BOIとは
「男の子に見える女の子/レズビアン/クィア」や、「男として生まれていない男の子(=FtMトランス)」などを表す言葉。通常の男を意味する「BOY」とは区別し、あえて「Y」を「I」で書く、アメリカ発でTWのフェイバリット用語。 Tokyo Wrestling


ということだそうです。
オネエの対義語と捉えてよろしいのかしら。

今テレビでオネエと言えば、マッチョな男らしさから外れたすべて、MtFもニューハーフも女装もゲイも男の娘もフェミ男(懐かしい)も草食系男子すら時に入れこんでしまいそうな、それはそれは大雑把な括りのように感じます。

BOISは、古臭い“女らしさ”から飛び抜けた女性たち?
そんな疑問をきっと解決してくれる、かもしれないイベントが今週末あるようですよ。

****************
『Tokyo BOIS!』トークイベントin 六本木TSUTAYA

cover_tokyo_bois.jpg

日本初のBOIS写真集発売記念トークイベント
フォトグラファー戸ア美和×Tokyo Wrestling編集長カイザー雪
 日にち:2011.06.11 (Sat)
 時間:19:00〜
 料金:無料
 場所:六本木TSUTAYA

このイベントで『Tokyo BOIS!』を購入すると漏れなくTWステッカーをプレゼント↓

TW_newsticker.jpg
なんてゲイゲイしいの

★詳細はコチラ

****************

そんな感じで。「ボーイッシュな女の子に 私は抱かれたい」という検索キーワードで女女苑に漂着してしまったアナタも楽しめるイベント&写真集なのではないかしら。

「載ってるかまだわからない」と言ってましたが、フレンチビアンのKも戸ア美和さんに写真を撮ってもらったそうです。

Kとの出会いは、某レズビアンバーで私から声をかけました。
なんて素敵な人!と思い、ソロの友人に紹介するという名目で。
それが縁で仲良くなり、ドSにも少し似てると言われることから、私たちの結婚式で友人がサプライズ上映してくれた再現VTRではドS役を演じてくれていました。
震災の後は、テントと寝袋を持って度々被災地へボランティアへ行くK。
本当に尊敬してるし、かっこいいと思う。
外見だけでなく、そんな内面も綺麗に映し出された彼女の写真が「BOIS」に載ってたらいいな、と思う次第です。

トークイベントのカイザー雪さんには以前、初恋バナをお聞きする機会があったのですが、お腹が捩れてダイエットになるくらい面白かった。
姫気質な美オーラを漂わせながらもマッチョな筋トレに励む彼女のトークショーも楽しみです。
posted by bianca at 23:17 | Comment(6) | TrackBack(0) | イベント

2011年06月02日

花ざかりのレズたちへ〜イケタチ♀パラダイス〜

イケパラ2011の主役は、今をときめくAKBの前田さんなのね。
どうやら前回の堀北さんと色々比べられているようで。

ho.jpg
ナベシャツも似合う堀北さん

確かに堀北さんのイメージが強いから大変ですね。
でも、私には堀北さんよりも更に前の台湾版イケパラのEllaさんが強烈すぎました。

ella.jpg
ビアンバーに1人はいそうなEllaさん

Ellaさんは堀北さんや前田さんのような即席の男装ではなくて、鼻下の産毛すら剃ってないナチュラルボーンボーイッシュな台湾アイドル。
そんなもんだから、同性愛の噂も立ったんですね。
彼女は完全に否定したのですが、その時の台詞が忘れられません。

「私はレズビアンではない。生理だってあるんだから!」

いやいやいや。
レズビアンと生理は関係ないよね?と、ちょっとショックでした。
でも、彼女の所属するグループS.H.Eの音楽は大好きです。

イケパラに出て欲しいちょうど良い塩梅の中性だと私が思うのは冨永愛さんですが、いかがでしょう?
年齢はこの際忘れて。


あと、男装しても女装しても似合う韓国のAmber。何度でも押しますわ。

amber1.jpgamber2.jpg
どっちのAmberも素敵


男装してBL世界に割り込みたい腐乙女たちの夢を詰め込んだイケパラ。
私はやはり男装♀×男性♂より男装♀×女性♀が好きですが、男装♀×男装♀が好きな乙女も多いのだと最近また宝塚ファンの方に聞きました。
ファン小説の90%は男役同士なんですって。BLの亜流かしら。

2丁目ではフェム×フェムが主流に感じる昨今、それでもやはりカップリングタイプは人それぞれですね。
みんな違ってみんなイイ(無理やりなまとめに便利な言葉)。
posted by bianca at 23:43 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記