2010年03月30日

北京レズビアンナイト

このタイトル↑ダサいって彼女に言われたけれど気にしないわ。

黄砂に吹かれまくって北京から戻ってきました。
北京の友人を紹介するとメールくだすった方々、本当にどうもありがとうございました。
私の語学力が無さ過ぎて、現地のビアンたちに多大なる迷惑をおかけしてしまったのですが、とても楽しい夜を過ごしてきました。

北京のレズビアンバーは「楓」しか知らなかったのですが、どうやら今一番HOTなバーは「1801CLUB」といって、金・土だけがレズビアンナイトになるようですので、そちらへ行って参りました。

1801.jpg
門構えも大きい

とにかく広い。中国広い。ビアンバーも広い。バーというより、クラブ?
500人以上入るようです。
驚いたのは、1ドリンク付入場料が100元(約1,500円)。中国の大学新卒月給の平均が約4万円と言われている物価で、これはなかなか高額。
にも関わらず、20代前半と思われる女の子達でいっぱいなのはコレいったいどうしたことか。

入ると、中央で美しい女性がバイオリンの生演奏をしていました。

ボックス席もたくさんあって、ゆったり座れるのがババビアンに優しいな〜、と思ったけれども、案内してくれた人が「あんまりこういうクラブには私達のような年齢になると来ない。ここは若い子ばっかり」と言うものだから年を聞いてみると、「27才」って答えが!がーーん。
30オーバーの私達、間違いなく長老カップル。
「見えない見えない!嘘でしょう?」と世界共通のお世辞を言われるも、どっと疲れが。
「じゃあ、年配のビアンはいったいどこにいるの?」と聞いたら、落ち着いて話せるカフェでの集いやサークルもあり、アクティブな活動も盛んなようです。

そんな中国の活動を象徴するような季刊誌les+を頂いて、これも本当に内容が充実していてお洒落。

lesplus.jpg

内容は、以前女女苑でも紹介した中国の同性結婚式(デモンストレーション)の様子も詳細に書かれていました。堂々と顔を出して載せてる人が多いのも驚き。
中国のレズビアンパワーを感じました。

ちなみに「日本のクラブとの違いは?」と聞かれたけれども、考えてみたら日本でクラブに長いこと行ってないわ。今どうなってるのかしら・・・。日本のレズビアン系クラブやバーは欧米人が必ずと言って良いほどいたけれど、ここでは見かけなかったように思います。
1801CLUBは思い切りお洒落したフェムも多かったし、北京の街にいる子たちより綺麗な人が多いように思いました。←レズの贔屓目。

翌日は万里の長城にレッツラゴーの予定だったので、早々に退散してしまったけれど、素敵な北京一夜となりました。

bangli.jpg
ドS撮影の万里の長城。Twitterで褒められて喜んでいたわ

中国ではスタバでWi-Fiが使えたけれど、噂通りTwitterは遮断されていて見られませんでした。google撤退の件もあり、政府の検閲はまだまだ厳しいようですが、中国のレズビアンパワーは負けないで!!と万里の長城で愛を叫んだのでした。



■ビアン川柳
ビアン通信さんとこで、ビアン川柳大会が催されてますよ〜パフパフ♪
ぜひ貴女も素敵な一句を。

liwu.jpg
ベタな北京ビアンへのお土産
posted by bianca at 00:50 | Comment(14) | TrackBack(0) | 旅行

2010年03月11日

上手な男のふり方と募集北京朋友

モテレズの皆様こんばんは。
皆様は、殿方に愛を告白されたとき、なんと言ってお断りしていますか?
誠意をもって告白してくれたなら、自分も誠意をもって、私はレズビアンです、と告白し返しますか?

というのは、最近私が殿方から愛を告白された、とかそんな話では全くないんですけれどね。

友人の腐女子、Mのお話です。
性格はちょっとアレですが、可愛らしい顔立ちのMは、好きでもない男からよく言い寄られています。
その場合、
「私、ゲイにしか欲情しないから、あなたがゲイになったらつきあってあげてもいいよ」
と言うそうです。すごい断り方!

モテて困ってる方は是非使ってみてください。

ところで、よく「俺はゲイにモテる」自慢するノンケ男っていませんか?
あれ、なんでしょうか?
ゲイにモテる=男の中の男?というイメージなのかしら。
2丁目に飲みに行ったらモテた、と言うのは、ノンケが遊びに来たからリップサービスしたんじゃなかろうかと思ってしまうけれども、単純なノンケ男は嫌がった風を装いつつ喜んでるような。

「レズビアンにモテる」自慢するノンケ女子というのは見たことないけれど、もっと自慢していいと思うよ!
2丁目のレズビアンバーに遊びに行ったらモテちゃった、とかね。
今はよく知らないけれど、昔はタチ同士がネコを取り合って殴りあいとかありましたよ。
そんな「私のために争わないで」な昭和経験をしたいノンケ女子も2丁目に遊びに行って、レズビアンにモテちゃった自慢をどんどんして欲しいものです。レズビアンの可視化のためにも(?)。

kenkaoyamete.jpg


モテるかどうかは保証できませんが・・・。




■【募集】北京のレズビアンバー「楓」に一緒に行きませんか?

突然ですが、3月の連休に北京のレズビアンバー「楓」に同行してくださる方がもしいたら連絡くださいませ。
異国の地のバーに乗り込むのに尻込みしております・・・。

feng.jpg
なかなか中華風な看板

qiao.jpg
チャオ チャオ(左)は、中国で初めてレズビアンであることを公表した歌手で、「楓」のオーナー。
この写真はフェム風だけど、短髪なときはかなり男前風です。
posted by bianca at 00:36 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月01日

♀♀カップル新居訪問

先日、♀♀カップルサイト老舗「ともしらが」の新居に、コクーンカップルとお邪魔しました。

お部屋のひとつはぷふうさんのオフィスでもあるので広々としていて、魚とか泳いでるわ。それもガラスの水槽の他に、丸い桶みたいなのもあって、海老などもいたりして。まさにオシャレズ邸。

なぽこさんお手製ニューヨーク仕込み(?)のベーグルを始め、手作り料理でおもてなしをしてくだすって感激。

ぷふうさん、なぽこさんは、披露宴のサプライズビデオ(コクーン制作)で私と、私のママ役を熱演してくれた恩があるのです。
けれどもまた恩が出来てしまったわ。

くつろげる楽しい時間に、すっかり夜中まで話し込んでしまいました。
この年になると、健康の話、老後の話、セックスレスの話が多くなるものね・・・。
「一ヶ月に一回してたらセックスレスじゃないでしょ!」と言い張るカップルや、「もう長らくシーズンオフねぇ。夏は暑くてベタつくし、冬は寒いし」と言いながら割とのほほんとしているカップル(←うちです)も。
クラブでキラキラしている今どき若ビアンから随分遠くに来てしまった気もするわ。ちょっとメゾン・ド・ヒミコな雰囲気すら漂ってきたような。

mezo.jpg
あくまでイメージです

私も本当は気軽に友人が遊びに来てくれるような風通しの良い家が理想。
しかしドSは、いざ人を呼ぶとなると、チリひとつ、下の毛ひとつ落ちてないように磨き上げ、部屋を完璧にしてから招き入れなくては気がすまないタチ(タチではないが)。そのため友人が来るとなると大騒ぎ。

「なんでそんなにかっこつけるの?気軽に呼べばいいじゃない?」と言う私と、「お客様をもてなすのに汚いのは失礼だ。食事も作れないし。部屋は狭いし」と言うドS。

私達の滅多にしない喧嘩の原因になる。

私は「この世は仮の宿」という意識があるので、「家」も自分のもの、という境界線をあまり感じない。窓はいつも開かれている感じ。もちろん自分の家は一番落ち着くけれど、他の人がいてもあまり変わらない。
彼女は気を使いすぎて、逆に来た人に気を使わせてしまうくらい。

こうしたカップルの性格の違いってどうしたら良いんでしょうね?

って、話しがズレましたが、ともしらが邸2人の素敵なエピソードをふたつ。
バナナが嫌いで、存在自体が許せないというエス気質のなぽこさん。バナナへの叱咤「何黒くなってんのよ!」には痺れました。
アニース(レズ雑誌)やバディ(ゲイ雑誌)を寝室の窓際に何気なく置くぷふうさん。マンション外の廊下からふと自分の部屋を見たとき、バディのガチムチ♂グラビアがバーンと外に向かって公開されているのを発見。慌てて窓から手を入れて落としたそうですわ。

なんとも可愛いカップルです。


■2008年06月06日 ♀♀カップルお宅訪問

■2009年05月11日 ♀♀カップルお宅訪問 part2



■大人の♀♀カップルPV
熟した大人のエロティシズム。脇もいい感じ。
こんな魅惑的なババビアンに私もなりたいわ。

Simian Mobile Disco - Cruel Intentions


orangutana-amy* さん、ありがとう。

posted by bianca at 23:18 | Comment(8) | TrackBack(0) | カップル