2009年12月30日

これが同性結婚証明書です

結婚証明書もう届いた?見せてー?、と言ってくれた方がいたにも関わらず遅くなってごめんなさい。
とっくに届いています。

アップしようと思ったら見当たらない・・・。
ドSがその重さに耐え切れず隠してしまったのではなかろうか?
今彼女は仕事中なので、後で聞いてみます。見つかったらアップしたいと思います。

日本では何の効力も無い、カナダでの結婚証明書。
水戸黄門の印籠のごとく「これが目に入らぬか!」と突きつけたところで、英字がプリントされた紙切れに過ぎず、日本では家族として認められるわけでも、何が保障されるわけでもないのです。
私達としても、ディズニーランドのチケットを思い出として大切に取っておく(ちょっと今行方不明だけど)ような感覚。

しかしそれは意味がないもの、とは思いません。
ディズニーランドのチケット、それ自体は紙切れかもしれませんが、ディズニーに入った証明がそのチケットです。
日本で私達はディズニーランドに入れません。ミッキーやミニーは「男女カップル」しか、もてなしてはくれません。私達は花火やパレードを楽しむことはできません。

そこで、あなた達も一緒に!ここカナダのディズニーなら入れるよ!と教えてくださったのがHappy Day Weddingsさんでした。

結婚とディズニーランドをむりやり一緒にするなー、と怒られそうですが、私にとっては近い感覚でした。少なくとも「結婚式」というセレモニーに関しては。

そして女同士もOKだよね!と協力してくれたり、一緒に喜んでくれたりしたのが、日本でもセレモニーをしてくれた友人達、カナダでお世話になった友人カップル、会社の人達、そして家族でした。
そのことは、本当にセレモニー以上の意味があったと思うし、例え日本のディズニーが発行したチケットではなくとも、すごくありがたくうれしく、大切なチケット=カナダの結婚証明書なのです(って今行方不明ですが)。
日本でもいつか、入りたい人は女女カップルも男男カップルも入れるようになるでしょうか。カップルだけじゃなくて、1人でも安心して楽しめる世界が本当は理想かと思います。

今年はとにかく、たくさんの人に感謝をしなくてはならない年になりました。
日本に住む1人の同性愛者の徒然なブログを気にかけ、いつも読んでくださる方にも感謝です。
本当にどうもありがとう。

皆様にとって2010年もミッキーな年でありますように☆

yurineko.jpg
百合とネコと♀♀!J子ありがと


2009.12.31追記:
見つかりました。


marriage.jpg


■ お正月休みに読みたい1冊・・・ 続きを読む
posted by bianca at 16:32 | Comment(5) | TrackBack(0) | 同性婚

2009年12月23日

ラブプラス 彼女がオタクに なりました

それはある朝出社すると、私のデスクにこんなものが置いてあったのが始まりです。

loveplus.jpg

流行ってるらしいからやってみたまへ、という部長からのメッセージ。
しかし家に持ち帰り、ハマったのはドSでした。


kimo.jpg
どえすくん、とか呼ばれておる・・・

ちなみにラブプラスXmasケーキなるものが限定発売されていて、「彼女」と行くと買えるそうな。
今年はコレになる予感。


日ごろ私のことをオタクオタク呼んでいた体育会系のドSが。
今はレズ友から借りたパフュームのDVD見ながらラブプラスって。


パフュームのライブ、MCで観客との絡みがすごいのね。
「浪人生の人!」「眼鏡かけてる人!」とか手を挙げさせてるけど、「レズの人!」って言えばかなり手を挙げる気がするわ。
パフューム好き多いよね。

しかも他のアイドルと違って、パフューム好きはちょっとお洒落、みたいな逃げ道があっていいわよね。
音楽ちゃんと聴いたりDJやってる人も、パフュームなら聴ける、みたいなね。
でも心の中ではのっちの足に萌えていたりなさるのでしょう?


そんな逃げ道も無いようなアイドルを好きになる私が今一番注目してるのは、韓国のエフエックス



1人、鬼太郎のような男の子がいるでしょう?しかしこの子、女の子なんですよ!韓国でもファンが勝手に創作するボーイズラブ、ガールズラブがあって、彼女たちのガールズラブ小説もあるんですって。
日本のアイドルグループには、ここまで完全なタチ系キャラが紛れ込んでるのは少ないと思いますが、いかがでしょう?

アジア情報としては、映画『刺青』でレズビアンの心を鷲掴みにしたレイニー・ヤンが来年1月に日本デビューするようで、こちらも注目ですね!

28_8_13576_171_94_20070405091129.jpg
左のベイビーフェイスよ



オタップル街道まっしぐら。
あなたのオススメアイドルやオタク趣味もこっそり教えてください。
こんなカップルですが、今後ともよろしくお願いします・・・。
posted by bianca at 13:46 | Comment(10) | TrackBack(0) | オタク的な

2009年12月15日

1月17日(日)京都でpe=poがオフ会やるよ!

オフッフッフフ〜。って、どこかのCMであったよね?
行きたいわぁ。
以下転載です。

pepo.jpg
The Personal is Politicalをテーマにしたインディペンデント・マガジンpe=po
2010年1月創刊記念パーティ開催

【日時】1月17日(日)午後2時〜5時
【場所】京都千本 Colori Cafe コローリ・カッフェ
京都市上京区千本通出水下る十四軒町394-1-113
   JR・地下鉄東西線 二条駅より徒歩10-15分
【会費】1500円 1ドリンク付き( 2杯目からはキャッシュオン) アルコールもあります。簡単なスナックはありますが、ご飯はありません。


出版記念のお祝いに、ぜひ来て下さい。
雑誌作りにまつわる話や、今後の展望など皆さんとお話しできればと思います。
お一人でもお気軽にどうぞ。もしくはTwitterのハッシュタグ「 #pepoparty 」でお友達を募って下さい。

できたてほやほやpe=poマガジンをその場で販売致します。
また、pe=poの製作、運営費に当てるための寄付も受け付けます。 pe=poは皆さんのサポートによって成り立つメディアです。オンラインでの寄付はこちらから受け付けています。(http://tinyurl.com/ydv57kl

※参加については、性指向、性自認その他一切問いません。
※参加予約が必要です。こちらよりお申し込み下さい。(http://tinyurl.com/ydblg3y
※定員に達した場合は、締め切ります。

※1月10日までに一定の人数に達しない場合はイベント内容を多少変更もしくは開催しない可能性がございます。お友達などにも声をかけて、イベントを教えてあげて下さい!
※問い合わせはメールでお願い致します(お店に問い合せないで下さい)。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。 よろしくお願い致します。

The Personal is Politicalをテーマにしたインディペンデント・マガジンpe=po
http://www.pepomagazine.com


「えるらじ」のセクシーボイスゆうさんに会えるのね。
京都のコローリ・カッフェも気になるわ。

京都は10年前、まだ大学生の頃に、ゲイの友人2人と旅行して以来です。
彼ら2人が「舞妓の店行きたい!」と言うから、舞妓遊び?と思ったら、舞妓になるほうでしたわ。
舞妓体験って男性でもできるのね。
しかし、私は白塗りなんてしたら良くてコケシか、バカ殿になるだけよ。ってことで、舞妓になったのは彼ら2人だけ。女連れ、カップルで女性が舞妓になるお客さんは多かったけれど、男女連れで男だけが舞妓になった客は他にいたかしら・・・。

しかし2人とも、本当に、すっごく綺麗になりました。

当時、外見は男子学生だった彼ら、実はMtFだったのです。
今になって思えば、あの時、あれから10年後の今の姿を映し出して予言していたのかもしれませんね。
ついでに、京都のニューハーフショーパブの老舗「カルシウムハウス」にも皆で行ったのですが、梶子ママに「あなたたち、お仲間ね!うちで働きたい?」とすぐにバレていました。
さすがママ。見抜くのね〜、と感心したものです。

そんな10年前の京都の旅を思い出しました。
今度は伝統的な京都も楽しみたいわ・・・。
posted by bianca at 23:34 | Comment(10) | TrackBack(0) | オフ会

2009年12月12日

学祭レポ〜女子大生に戻った日〜

どこよりも遅いL情報をお届けする女女苑。

rainbowcat.jpg
画像と本文は関係ありません。etsu様ありがとう。

今は昔の10月31日、以前紹介したシンポジウム
みんな虹の下〜レズビアンと性同一性障害者が語る〜」にドSと行って参りました。

女子大の学祭ということで、気分はウキウキ。
まず言いたいのは、私を女子大生?と言ってくだすった貴女のことを私は一生忘れません。
私にお世辞は通じません。

しかし。飲み会にはほいほい来る友人らも、こうしたシンポジウムには来ないよね〜。
そのくせして「どうだった?」って聞くのね〜。
教えてあげないよ!ジャン!(古)
と言いたいが、書きたいから書いてしまいます。

ゲストや内容は「かえでの虹」を参照してもらうとして。
流れがとてもスムーズで、最初は初恋の話など、ここは2丁目の飲み屋?という軽い話から始まり、段々と政治的な話にも持っていく。ゲストのセクシュアリティが多様で、中でも虎井さんのように、FTMでバイセクシュアルという方もいる。複雑な状況をなるべく噛み砕いて話すには、こうした流れは丁寧でわかりやすい。

フランス人の友人Kが新しく出来た彼女を連れて来ていました。その彼女が「同性とつきあうのが初めてだから、Kを理解したくて行きたい」と言ったから来たそうな。
素敵な彼女ができて良かったのぅ。
Kも日本のLGBTのことがわかって良かった、と言っていました。

あと、声をかけてくだすった方がたくさんいて意味も無く緊張してしまい、挙動不審になりすみませんでした。やはり私たちの似顔絵はモンタージュなのかしら。でも、うれしかったです。

帰りに上川あやさんとお話する機会があったので、夏にカナダで同性結婚した話をしたら、
「その証明書を持って日本でも区役所に婚姻届出したらいいじゃない?受理されなくても、それだけで大きな力になる。もちろん、無理強いはしないけど」
と言われました。
「できたらマスコミを味方につけて」とも。
上川さんのように顔も出して表に立ち、戦う人がいたからこそ今のGIDの権利が獲得できたことは、やっぱりすごいことだとは思う。
だけど、やっぱり私にはそうしたアプローチ方法は非常に敷居が高い。
私ができることは何かしら?

ただ活動を批判したり、嘆いたりしていることは簡単。
「心配は怠け者の暇つぶし」という言葉もある。
それぞれのキャパややり方でできることは違ってくるけれど、何かできることはあるはず、と思わせてくれるシンポジウムでした。

■昨夜のパーティで思ったこと・・・続きを読む
posted by bianca at 15:52 | Comment(5) | TrackBack(0) | イベント

2009年12月01日

ナベ島に咲き乱れる百合たち

ドSが唐突に言いました。
「週末、名古屋に手羽先を食べに行こう」
何それ。交通費+宿泊費入れたらどんだけ高級な手羽先?

私たちはね、「フレンチが食べたくなったから、ちょっとパリへ」な叶姉妹(最近見ないような)でも、セレブ・ビアンでもないのよ。

私が乗り気じゃないと見たドSは「じゃあ、仙台の牛タンにする?」って、食べ物の問題じゃなくてよ。

「そのお金使ったら、東京でもっと高級なもの食べられるでしょ?」と言う私に、「わかってない!わかってないよ!地元で食べるから美味しいんじゃないの」と言いながらネットでさっさと準備をするドS。

かくして週末、牛タンのために仙台へ行くことに。
寒い!東京に比べてやっぱり寒い!!
寒空の下、牛タンのために店先で更に30分も待たされました。

tan.jpg
むっちり肉厚「利久」の牛タン

しかし美味しかったです。バスで5時間もかけてきた甲斐があったねドS!
そういえば、行きのサービスエリアで思いもかけないサプライズ↓

noriP.jpg
こんなところにのりピーが


翌日は塩ガマで寿司を頂いた後、松島観光をしました。

basho.jpg
周りが引いたMr.松尾とのラブラブツーショット

松尾芭蕉も愛した松島湾の島々を遊覧船クルーズ。
お酒以上に船酔いをする面倒くさい体質の私は、追加料金を払って2階へ行ったのですが、これが本当に良かった。
たった2人で貸切状態。高いところからの見晴らしも良く視界も広く、思う存分動き回ることができました。
誰もいないから、ドSだって恥ずかしげも無く海に向かって裕次郎ポーズ。素敵!

島の中には、その形から“ナベ島”と呼ばれているが、島内に百合が多く咲くことから“百合島”とも呼ばれているという、ナベと百合が共存するロマンチックな島もありました。

yurinabe.jpg
これはたしか別の島

帰りには仙台駅でずんだ餅を頂き、さすがにバスはきついので新幹線で。
ああ、仙台を満喫したわ・・・、と余韻に浸ろうとしたそのとき、思いもかけないサプライズが。

アナウンスで“はやて”と“こまち”が連結します、連結します、と繰り返しアナウンスされるので、どうしても見たくなった私。
ドSをホームに残して、結合部分に走ったわ。
そうしたら、まぁ、すごい数の鉄ちゃんたち!瞬くフラッシュ!
新幹線が連結するところも、生の鉄ちゃんも初めて見ました。

ゆっくりと、ゆっくりとはやてに歩み寄るこまち。彼らの距離は次第に縮まり・・・
これは一種のカップル萌えなのかしら?


tetsu.jpg
そして結ばれた“はやて”と“こまち”

今考えると、なぜあんなに高揚してしまったのかわからないけれど、あのときの周りの熱気と、“はやて”と“こまち”ががっちり結ばれる瞬間は、感動して熱くこみ上げるものが。

今回の仙台の旅で、新たに鉄子の扉が開きかけたのでした。

意外にも楽しい小旅行だったので、ドSの思いつきに感謝です。
そして、美味しいものを食べている彼女の幸せそうな顔は、やっぱり何よりも愛しいと思うのです。
posted by bianca at 00:57 | Comment(12) | TrackBack(0) | 旅行