2009年09月27日

iPhoneセカイカメラとHDWインタビュー

iPhone信者の熱心な勧誘に負けてしまいました。
GayやLesbianのiPhone使用率の高いこと。って私の周りだけかしら?
持ってみると、楽しいね!(すっかり洗脳されてます)

最新の「セカイカメラ」なるアプリを入れてみてびっくりよ。セカイカメラとは、そのレンズから覗いた景色にタグ(写真・音楽・コメント等)が付けられるらしいのですがね。
試しに家の窓をガラッと開けてレンズを覗いて見ましたわ。
そしたらなんということでしょう。
それぞれの建物に「○○ビル」とかちゃんと名前が付けられてるじゃないの。その説明も付いてたりして。
しかし、これ誰でもタグ付けられるのよね?
ぐるっとふりかえって自分のうち見たときに「レズの家」とかタグ付けられてたら・・・恐ろしい!!!
実際はうちのマンション名が付いてました。

ところで、自称「新しいもの好き(恋人以外)」のドSがiPhoneにしたのはかなり早い段階だったため、私の新しい3GSに比べると動作が遅い。私のは全ての動作が3Gの2倍速らしい。

この2倍速で思い出したのですが、是非2倍速にアップデートして欲しいものがあります。
それは会社近くのコンビニです。
なんかちょっと気取ったコンビニあるでしょ。ロハス系というのかしら?死語かしら?
店員はわざわざ一人一人にね、両手を下のほうで大事な部分を隠すように重ね合わせて「ありがとうございます」と、その都度お辞儀するの。人がいないときは好きなだけしても良いのよ。でもね、長蛇の列なの。昼休みは1時間しかないの。
お願い、そんなからくり人形みたいな心の無いパフォーマンスいらないから、笑顔でしゃかしゃか手を動かしておくれよ!
アイフォンよりここの店員を2倍速にしたくて仕方がない。
と、『ドジでノロマなレズ』と言われ続けている私のささやかな願いなのでした。


■Happy Day Weddings
カナダのHDWサイトがインタビューを載せてくださいました。
rainbow5.jpg

HDWインタビュー『 Rainbow Wedding!!』

HDWのあきさん、こんさんについては紹介したいことが山ほどあるのですが、また追々書かせて頂きたいと思っています。今はLの世界のベット&ティナのように2人の子供を授かったあきさんの無事な出産を心より祈っています。
posted by bianca at 11:19 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月20日

ラヴ!美短髪

ドSが今の美容院に行き始めたきっかけは、同僚がある日あまりに素敵なショートヘアにしてきたので、思わずどこで切ったのか聞いたそうです。
するとその同僚、
「ありがとう。表参道にある店なの。でもね、その美容師、すっごいオネエ系なんだよね〜(笑)」
ドS、
「へぇ〜・・・(苦笑)」
その後、ドSが表参道に直行したのは言うまでもありません。

どうやら女性のショートカットが得意な美容師らしい。
私は式のために髪を伸ばすというゼクシィなことをしていたので、いい加減に頭ボッサノヴァ。
バッサリ切りたかったので、行ってみることにしました。
短髪にしてやるわ。
ダナーズ系カップルになってやるわ。

行ってみると想像以上にtoo gayな美容師に
「難しいお願いとは承知ですが、顔が小さく見える髪にしてください」
と告げると、
「頑張るわ☆」と、
見事な手さばきで、ボウリング玉のような頭にしてくれました。
「さあ、精一杯よ!あとはもう少し痩せたらいいわ☆」
と爽やかに言われましたわ。
初対面の人に痩せろと言われたのは生まれて初めてです。
お互いカムアウトし合って話もとても楽しかったし、手際もいいし、顔もちょっと小さくなった(当社比)気がするし、長い間美容院難民だった私もやっと安住の地が見つかった気分です。


ショートカットと言えば、1年前のこの人が忘れられません・・・
ruka.jpg
posted by bianca at 00:45 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月10日

femme or dyke?ビアンパンツ

素敵なLの皆様は、今どんな下着をつけていますか?
って一昔前のイタズラ電話ではありませんよ。あっ切らないで!

我が家にとてもキュートなビアンパンツがやってきたのでうれしくて、つい。

fd.jpg
TokyoWrestling SHOP

TokyoWrestlingさまからお祝いに頂きました。ありがとうございます!
せっかくだから2人で履いた画像をアップ♪・・・という営業妨害は自粛しましたが。
私たちの場合、猪木とか小力とか書かれても悲しいしね(キレてないですよ)。


宝島のおしゃれなヌード(←好きだったLは多いんじゃないかしら?)のモデルとかが着ても似合いそうね。TWのサイトには可愛く履きこなすモデルさん一ノ瀬文香さんの写真もありました。
お揃いなんてうれしいわ。
作ったのは「Lの世界」で衣装を提供したデザイナーさんらしいです。

こういうの、Lカップルへのプレゼントに最適ですね。

あと、実家の人は家族への無言のカムアウトにどうかしら?
洗濯のとき、Tバックには怒る母ちゃんもこれなら「やっぱり!」と納得?
あと、修学旅行とか、社員旅行とか、会社やフィットネスのロッカールームでさりげなくL仲間を見つけられるツールとしてどうかしら?

こんな風にさりげない(?)ビアングッズがこれからも増えるといいですね。

他にも『街でみかけたビアンたち』にナイスなビアングッズが・・・続きを読む
posted by bianca at 23:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月02日

Happy Queer Wedding

「大船に乗ったつもりでいて!心配することないから!」
なぜかいつも自信満々のボス幹事に言われ、私たちはいったいどんな晒し者になってしまうのかと、いつも恥を晒して生きている私すらハラハラして当日まで過ごしました。

しかし8月30日、この日は私とドSにとって、一生忘れられない日となりました。私たちと、母、親族、旧友、会社の上司、同僚、そしてLGBTの友人が一同に集合する図は、当日まで現実的に思い浮かべることすらできなかったけれども。

控え室で緊張して入場を待っていると、
友人スタッフから「会場、異様に盛り上がってるよ!2人はいなくてもいいんじゃないの?」と言われる。
あらっ、そうなの?!

司会はプロ顔負けのcoochin嬢がしてくだすった。
coochin嬢の「新婦・新婦のご入場です!」の声とともにYMCAで入場。
ベール越しに、家族やレズ友や上司の笑顔が並んで見える図が夢のように映りました。

takasago.jpg
koちゃんが用意してくれた高砂

乾杯の挨拶は、毎日ドSよりも長時間一緒にいる、私の直属の上司。カナダの挙式のために休暇願いを出したとき「日本で披露宴的なものがあるなら必ず呼んで!」と言ってくだすったのです。
当日上司が連れて来た彼女さんの泣き顔は、美しすぎて惚れそうでした。

スピーチは4人。
まず、花嫁コスプレ衣装をプレゼントしてくだすった、会社では私の「お父さん」的上司。蝶ネクタイの正装で、いつもと違う姿になぜか私がテレてしまう。同伴の奥様はしっとり着物姿で来てくだすった。

2人目は私の幼馴染。「同性結婚式とか、私にはそんなことどーでもよくて、20年来の友人が素敵なパートナーに出会えたことがうれしい」と。これには会場のL友も一緒に泣いたと言っていた。

そして3人目。ドSの大学時代の友人。連れて来てくれた5才になるお子様も「おめでとお」と一緒に言ってくれたのが、最高にキュートでした。

4人目。自らも同性挙式した元東レのmaちゃん。レズビアンの視点からのスピーチに「私の気持ちを代弁してくれた!」とそこにいた多くのL友が感動。

電報は、社長、海外にいる私の弟、当日来られなかった美人ニューハーフS江から。
S江のオネエ口調を真似して読み上げられる司会者なんて、coochin嬢以外いないわね。綺麗でかつ笑いも取れるとは・・・恐ろしい子!


それからは、私たちにも知らされていなかったサプライズが・・・続きを読む
posted by bianca at 01:40 | Comment(36) | TrackBack(0) | 日記