2009年05月31日

婦妻になる日

挙式の日が、7月31日に決まりました。

カナダバンクーバーの教会で、ドSと2人ぽっちで挙げてきます。
2日後にあるゲイパレードもついでに見てきます。
ドSにとってはむしろ結婚式の方がついでという感じかもしれませんが。
母親も見に行きたいとノリノリで言ってくれたので、招待しようとしたら、「あっ、その日パーティがあってだめだわ」とあっさり断られ。
お母さん、私の式よりパーチーが大事なの?と思いましたが、ダンス教師の母にはとても大きな仕事らしく、「いっぱい写真撮ってきてねー♪」と言われる。
こんな気楽な母で良かったのかも知れません。
なので、日本では法的な効力は何も無い、ドSと2人ぽっちの地味婚なのですが、HappyDayWeddingsさんに手伝って頂いて、10年目のお祝いをしてきたいと思います。

しかし2005年のまだ20代だった私、同性結婚に対して「結婚とか本当にどうでもいいな〜」と書いていたわ。いったいこの4年の間に何があったのかしら?
この部分以外でも、ゲイリブフォビアとも取れるようなことを書いていたり、今の私とはかなり違う。
これは、成長?はたまた近年の同性婚ムーブメントに感化されただけなのかしら?

そんな私の自問をよそにドSは「ドレスは絶対着たくないけど、白いタキシードはカーネルおじさんになりそうだしな〜でも、ノンケカップルみたいなのも面白くないし・・・」と、割りと楽しそうにしているので、まぁ、良いとしています。

rq.jpg
写真と本文は関係ありません


■大人のパーティー
昨夜、大人のパーティーという名の単なるLオフ会にお越し頂いた皆様、ありがとうございました。
今回初めて元東レのmaさんと幹事をしたのですが、maさんの始まりの挨拶は何かのプレゼンのようで、皆様が膝に手を置き緊張した面持ちでちーんとこちらを見てるサマがちょっと可笑しかったです。
一番緊張していたのは、きっと私ですが。
maさんから「時間調整/乾杯・流れ説明・会の背景・注意点・お店紹介・参加者紹介・歓談・L.O.確認・歓談・〆挨拶/撤収」等、分刻みのタイムスケジュールがExcel表で送られてきたときはひっくり返りそうになったけれど、私には到底できない仕切りでスムーズに始まりました。
どうもありがとう。

毎度の事ながら、大人数だと1人ひとりとじっくりお話しできず、落ち着き無くクルクルと回ったり、運悪くお赤飯の日だったためにトイレにこもってしまったりと、私のほうは幹事としてはグタグタでした。

根は超級人見知りのヘタレズな私がこうしてオフなるものを行うのは、やっぱり楽しそうな、幸せそうなLたちの顔を単に見たいから。
まだ自分以外のレズビアンに会った事がない、という人も毎回いるけれど、そんな人たちにも、少しでもプラスに思ってもらえたり出会いのきっかけになってくれたら。
そして、新たな繋がりが生まれたり、願わくば愛情が生まれたりね(←出たなひっつけババビアン)。
先に繋がる何かが生まれたら幸いです。

オフに来てくれた女子大生から紹介してもらったPV↓
腿を撫でる手つきとKISSの舌がエロくて美しい。


posted by bianca at 23:11 | Comment(34) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月25日

東京プライドフェスティバル

土曜日の晴天のもと、ドSと一緒にTokyo Pride Festivalへ行ってきました。

like.jpg
買ったものたち

例年のパレードに比べると、ちょっと寂しかったわ。
人もパレード時ほど多くなく、メッセージボードや、派手なドラァグクイーン、GOGOボーイの乗ったフロートもないので「お祭り」色が薄い。
パレードとは時期も違うので、フェスティバル自体知らない人も多かったようで。
今回はNHKとコラボしているので今までとは違ったアプローチ方法なのかもしれませんね。

私はいつも「見るだけ」のお気楽ポジションだけど、こうした活動をしてきてくれた人たちの地道な努力のおかげで、現在のNHK番組放送やLGBTへの理解が広まっていると思うと、その恩恵の上であぐらをかいてるだけで良いのかしらん?と考えてしまう。

今回「女女苑で知って見に来たよー」と声かけてくれた人たちがいたので、ちょっとはPRになったのならばと思う次第です。

特に約束をしていたわけではないけれども久しぶりに会えた人や、
やっとお会いできた人もいて、うれしゅうございました。

そして、お目当てのカレーライスなお方(お団子頭と衣装がvery cute)を拝む。可愛い〜。
周りのレズたちはなぜかまえけんの方に盛り上がってたわ。

この日の模様は
●NHK教育テレビ 6月1日(月)、2日(火)
午後8時〜8時29分放送予定

だそうな。

その後、現地で会ったcoochin嬢と一緒にHIVテストに答えて(結果は2人とも1問だけ間違って同点。惜しい)、首にレインボーのボディペインティングをしてもらったり。
その後、coochin嬢はそのまま1人で渋谷方面に歩いて行っちゃったツワモノ。
ディズニー帰りにミッキー耳で電車に乗っちゃう人状態になってなきゃいいけど…。

LIKEブースではFtM君とその彼女さんたちに、
「レサイクリング行きます(本当か?)。雑誌買ってください!!そしてブログに書いて!」
と汗だくで営業されたので、新刊を1冊購入。
なぜかナプキンももらう。
FtMとレズビアンは犬猿の仲だとか、その間には越えられない壁がある、とか言われたりもしたりしなかったりするけれど、新刊LIKE-boyにはそんな性の狭間やグラデーション具合も含めて肩肘張らずに書かれていて相変わらず面白かったですわ(こんなもんで良いかしら)。

あと、知らない女子にいきなりレインボーシールをぺっと肩に貼られたのでドキっとしました。

その後、若ビアンズ&ゲイメンズと久しぶり〜に2丁目へ行き、3軒ハシゴ。
3軒目では、シンガポール帰りのなぽちゃさんカップルと遭遇してシモのお話ばかりしていたような・・・。
もちろん下戸の私はソフトドリンクなので、エアー泥酔で夜が更けていったのでありました。

年に1度、こんなRainbowまみれDayがあっても良いのでは〜と思います。



■街で見かけたビアンたち part4

090521_0830~01.JPG

レズ動物園?
テレ東極嬢ヂカラに出てた関西の元気なオネエさんが送ってくれました。これで愛妻弁当作ってはるのかしら。

biancahair.bmp
念願のド・シロウト美容室を開業しました。
もちろん嘘です。
ノリさんよりお初で投稿メール頂きました。
「孫が生まれてもおかしくない年齢になって、この先一緒に生きて行きたいと思う人と巡り合えた」
との文章が添えてありました。
素晴らしいことと思います。
こういうメールを頂いた時、blogやっていて良かったな、と思います。
posted by bianca at 22:26 | Comment(12) | TrackBack(1) | 日記

2009年05月21日

もし子供が同性愛者だったら

なんだか重苦しい検索ワードで来られた方がいらっしゃったようです。
大丈夫かしら?

hitori.JPG
女女苑検索ワード解析


これで思い出したことが。
以前、婚約したノンケカップルの友人と、私とドSで食事をしたとき。
旦那さんがものすごくヨイショヨイショしてくださるのです。

「いや〜、2人は本当に仲イイよね!こんなカップルも全然ありだと思うよ俺は、うん♪」

「ドSさんはさー男の俺から見てもカッコイイよな〜、うん、うん♪」


もうね、あまりにこそばゆくてね。
私は言わなくていいことを言ってしまったのです。

KYbianca「えー、じゃ、今度生まれてくるお子さんが同性愛者だったら?」

旦那さん「えっ・・・ 」

し〜〜〜・・・ん

ああ、バカbianca。せっかく持ち上げてくだすってるのに、そんなとこまで突っ込んじゃって、バカバカ。って脇汗かいてると、旦那さんが静かに言いました。

「・・・一番心配なのは、その子はずっと1人で生きていかなきゃいけないんじゃないかってこと。男女なら出会いはいっぱいあるけど、同性の相手なんてなかなか見つからないでしょ?」


彼の顔がすでに父親の顔になっていました。
そこが心配なのね。

で、同性との「出会い」なら今の時代ちょっと頑張ればいくらでもあって、周りにも会うたびにお相手が変わってるゲイビアンがいることを教えてさしあげたら、いたく驚いてました。


とはいえ、まだまだ色々な問題があることも事実で。
親として、なんとか「まともな」結婚をして欲しいと願うのが心情でしょう。
そんな人に見てもらいたいニュース↓

■「夫は同性愛者」が1600万人!?報われぬ愛に涙する女性たち―中国

妻の未来も考えて、同性愛者は異性と結婚しないでほしい、と言っている。本当に、無理やり同性愛者を異性と結婚させることは、当人が不幸なだけでなく、異性愛者も不幸になってしまうのよ。
日本にも多いんじゃないかしら?
私も、ドSと引き裂かれて男と結婚させられたら生きていく意味を失う。死んだほうがいいわ。

とはいえ。
映画『TOPLESS』のカップルの片方のように「やっぱり普通に結婚して子供を生みたい」と別れた後、「あのとき別れて良かった」と子供を抱いて言う人もいて、それは同性愛者として生きていくより、きっと幸せだったと思うから、人それぞれだとは思う。
たまに聞く話で、「もう女とつきあうのはこれで最後にしよう」そう言って別れるレズビアンカップル。

ドSも、前の彼女と別れるときに、そうして涙ながらに別れたと聞いた。

お互いにつきあうのが後ろめたくて辛すぎるなら、別れたほうが幸せなのかもしれない。
でも、もし2人で幸せになれるなら、それはもっともっと幸せなんじゃないかしら。



■街で見かけたビアンたち part3

フレンチ・トレ・ビアンのK氏から頂きました。
なんでも「biancaの影響をうけて、私もLの世界を過剰意識‏するようになった。世界はLに見える!」と、先日遊びに行った中国のカフェをパチリ。

lili.jpg
Lady's Love Lady's World
麗麗女人街


明るい未来が見えそうですね。
ドSは「萌萌女人街?」と言っていたけど、麗の簡体字ですのよコレ。
posted by bianca at 21:26 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月18日

美しき腐女子たち

ずっと読みたかった竹内佐千子女史の「くされ女子!」をやっと読みました(以前紹介「ハニー&ハニー:2006年04月29日れずまる子ちゃん」)。

くされ女子!くされ女子!
竹内 佐千子

ブックマン社 2009-03-27


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いや、濃いわ〜。
明るく楽しく腐女子を描いていて、ジャンルこそあまり被らないものの、根底の部分はしっかり共感しました。

やっぱり腐女子とかオタクっていうのは、一般的に隠したがるものなのよね?イメージも良くないのよね?きっと。ただ好きなものが一般人とズレていて、それに没頭して生きているだけなのにね。

でも、私の知っている腐女子、そしてオタクを自認する女子は綺麗で面白くて頭の良い人が多いと思うわ。
「腐女子になるためにオンナになった」とも言われたりする美人ニューハーフS江もしかり。
この人も文章の印象では、きっとオタクっぽい見た目の人なんだろうなぁと勝手にイメージしていたので実際に会ったときは驚愕しました。
竹内佐千子さんも2丁目やイベントで会ったことのある方の話によると美しい方のようで。
好きです!美しき腐女子たち。

と意味無い宣言は良いとして肝心な「くされ女子!」ですが、ホストの腐男子やBLをオカズにするレズビアンなど、色々なタイプが紹介され、図解などもされていてわかりやすい。
BL好きの中でシーラカンス級希少価値、ナンバー1は腐男子(ノンケ)と書かれています。
確かにノンケ男子でBL好きは少なそう。
その逆バージョンとしては、百合好きのゲイが「いるのか?」というレベルの希少価値と書かれていたので、竹内さんにお伝えしたい!
いますよ〜!
エスの世界や中山可穂(ってコレは百合じゃないか)の小説について話し合うゲイ友が身近にいます。女装レズじゃなくてよ。見た目も男で、彼氏もいて、ただファンタジーとしての百合世界も好きみたい。

また本書いわく「百合好きレズビアンは映画とか好きでオタク度が低い」そうな。
いやいやいやいや。オタクとはなんぞや?

私は百合好きと言っても、アニメやコミケなどには疎いのですが、例えばスポーツ選手とかアイドルとか、はたまた電車の中の女子たちを見ると「この2人がつきあってたら、なんて素敵なんでしょう♪」と妄想するのが好きで、つまり幸せな♀♀カップルを見るのが大好きで、それが高じて現実にもひっつけババビアンみたいなことにもなってしまい、ソロの素敵なビアンを発見すると「誰か紹介したい!」発作が起こるのですね。

余計なお世話ですね。


今週末はTOKYO Pride Festival、カレーライスの女を生で見たい!なんていう理由で行くのもきっとオタク?なのでしょう。
このイベントに出店しているライクブースで売られるLIKEboyVol.3に、再びS江のエッセイが載るそうです。今回はちょっとムフフ〜な初エッチについて身を削って書いたようですのでおすすめさせて頂きます。

★オマケ★
posted by bianca at 23:58 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月16日

放送事故を起こしてしまいました

さっき『押して、押して、押し倒されろ!』のゆうさんラジオをやっと聴く事ができて、ドSと2人キャーキャー盛り上がる土曜のお昼。

最初はmp3の設定がきちんと出来ていなくて聴くことも出来ず、あわあわしていたのですが、ドS設定後無事聴けたものの、そのうれしさのまま途中スカイプで電話したら時差でゆうさんの声も私の声もダブって聞こえ(話してる最中はラジオを切るんですね)、再びあわあわしてしまったヘタレズ。
一瞬で落ちてしまいました・・・。
ゆうさんの素敵なラジオで放送事故を起こしてしまい、申し訳ない。
聴いていた方、お耳汚し失礼しました。

でも、ネットラジオってイイもんですね。
初めて聴きました。昨年の合同オフに来て頂いたときにお会いしたゆうさんは、きっと盛り上げようとしてくだすっていたのでしょう、ハイテンションで、どちらかと言うとオラオラ系バリタチっぽい雰囲気に感じたのが(失礼)、ラジオでは落ち着いた綺麗な声で、素人っぽさも無く自然に聴く事ができました。

学生時代はオールナイトニッポンやミッドナイトロックシティとか聴いていたけど、久しぶりにラジオってのも新鮮ですわね。
こういうの、もっとやってくれるレズビアン増えるといいなぁ。
女性との恋バナ、レズビアンカルチャー(もちろんそれだけではなく音楽や本の紹介も)を綺麗な声で自然に語ってくれるラジオなんて素敵ですよね。
是非たくさんの人に聴いて頂きたい。
そして私もまた放送事故を起こさないように装備して、ゆうさんとお話できたらうれしい、と、懲りてないのでした。


■街で見かけたビアンたち part2

街で見かけたビアンたち』に応募がありました。
bianbianbian.jpg

直接お会いしたことないけれど、ゲイのR君、ありがとう。
いつかお会いしたいです。
これを激写してくだすった勇気に拍手です。
素敵な字体ですわね。

レスビアン版バウ、お待ちしています。
posted by bianca at 13:51 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月11日

♀♀カップルお宅訪問 part2

♀♀カップルお宅訪問 part1はこちら

GW最終日、SAI-YU★記のサイユウさん宅にお邪魔してきました。
私にとって、♀♀カップルお宅訪問というのは、♀♀バーに行くより、♀♀イベントに行くよりエキサイティングで血沸き肉踊ることなのです。
うれしくて、ありがたくて・・・。
外では見られない2人の様子、空気感、お食事、全てにわくわくドキドキしてしまう。
まるで初めて彼女の部屋に入る中学生男子のように。

そして、サイユウさん宅。
リビングが吹き抜けてたり、BBQできそうな広いテラスがあったり、ワンコがいたり、お洒落なBGMがかかってたり、レストランのような盛り付けのお食事が出てきたり。
そうした目に見える美しいとこだけじゃなくて、家の中のお2人を見ていると、これはもう「同棲」じゃないんだ、と実感させられる。
ここは色々なことを乗り越えて一緒になった2人が、共に生きていく大切な大切な「家」なんだ、と。

私もドSも一緒に住んでるけれど、ここはまだ「同棲」という感覚。
私たちも同棲時代を抜けて、いつか2人の「家」と感じられる暮らしをしたいと思わされたのでした。



■中国の同性結婚式

jiehun2.jpg

昨日、日テレ「バンキシャ!」で中国の同性結婚式をやっていたの、見た方いますか?!
去年北京に行ったとき、オリンピック前の建設ラッシュなど新しい文化と胡同の古い伝統とが混沌とするそのパワーに圧倒されたけれど。
あの北京で、こんなことが。

実際はゲイ、レズビアンのカップルが結婚写真を撮るデモンストレーションのようですが、インタビューされていた周りの人も好意的な感想が多いのに驚きました。「幸せになろうとする2人を誰も止めることはできない」というようなことを言っていたかしら?

★詳細
両対同性恋人情人節北京前門拍撮婚礼照

YouTube China - Valentine Gay

中国には現在、『LES+』というレズビアン雑誌もあるようだし、中国人の女性社会学者、李銀河氏が言っていたように中国には同性愛者を迫害する宗教的な障害はないため、米国などより同性結婚実現の可能性は高いという見方も楽観的ではないかもしれないわ。

jiehun3.jpg

★2007年12月15日 上海LesbianNight


■お母さんありがとう
母の日は、母とドSと弟と4人でニューオータニの石心亭に行きました。
美味しくて泣けました。
ドSが母を、母がドSを大切にしてくれることに泣けました。
弟は私とドSが一緒に住んでることも知っているけど、直接カムアウトをしたことは無く、あえて何も聞かれないので何も言わないままできました。
だけどこの日、こんなプレゼントをくれました。

surippa.jpg
レインボースリッパ

やっぱり・・・わかってるわね?この子。
posted by bianca at 22:56 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月07日

貴女の声が聞きたくて・・・

先日、ある若ビアンカップルに言われました。

「biancaさんって本当にこんな話し方なんですね(笑)blogはキャラを作ってるのかと思ってました(笑)」

何かしら?何が可笑しいのかしら?

いえ、わかっていますわ。でもこのババビアン口調には理由があるのです。
ドSと付き合い始めた当時、粋がっていた女子大生の私は普段どおり「飯食いに行こうぜ」と言ったところ、なぜかちんと黙り込むドS。
「その言葉遣い、なんとかならない?冷めそう」

冷めそう(ガーーン ガーン ガーン)

その日から、私は彼女好みのお嬢様口調を特訓し、気が付くとこのような話し方になっておりました。
周りのオネエたちの影響もあるかもしれませんが、これに慣れると楽ですわよ。お試しくださいな。

でも、その人の持つオーラって、話し方、そしてその声によるところはとても大きいですよね。


私が一番好きな話し口調、そして声はこのお方。
Lの世界、マリーナ姐様♪

hi.jpg
『ハァ〜イ ジェニ〜』

悲しいとき、自分でマリーナになりきって「ハァ〜イ ジェニ〜」と喉の奥から搾り出すような低音で囁いてみると、なぜか楽しくなるのでやってみてください。

最近はゆうさんなどネットラジオをする方も増え、文章だけでなく声も聞ける時代になったようですが、blogを読んで、この人どんな声かな?と想像するのが好きです。

私は先日「biancaさんの声が好み」と、ある女性が言っていたことを友人を通じて教えてもらい、有頂天になっております。
むしろ、これが言いたかったがためだけのエントリーです。

けれど今後、その女性と話すと声が上擦ってしまいそうなヘタレズなのです。

「顔の悪い結婚詐欺師はいるが、声の悪い結婚詐欺師はいない」とも言いますしね。
やっぱり声って大切ですわ♪


■雨のレサイクリング
レサイクリングは今年も雨でした。
私のいなかった第1回が晴天だったことを考えると、雨ヲンナは私かもしれませんね。
前日、こんな画像を送ってくれた娘がいました。
こういう行為、胸キュンです。

teruteru.jpg
ちゃんと働け

当日の様子をFloydさんが早速書いてくだすってました。
ありがとうございます(人任せ)。

またレサイクリングのあるときはよろしくお願いします♪

 ★オマケ★
posted by bianca at 22:24 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月04日

“大人のパーティー”へのお誘い

立て続けですが、オフ会のお知らせです。
今度は、自転車や筋肉の無い文系ビアンも熱Les歓Gayです。

今はなきお洒落キャリアビアンライフを綴ったblog『東京レズビアンLIFE』のmaさんと一緒に幹事をしますので、東レに感銘を受けていた方も是非。

私とmaさんのお気に入りのバーが今年5周年なので、ここで何かやりたいねー☆というのが発端でした。2丁目ではなくLバーでも無いのですが、素敵なL店長さんがとびきりのお酒(ソフトドリンクも美味)を作ってくれるお店です。
隠れ家的(・・・また使ってしまったこの言葉)で、落ち着いた雰囲気が魅力です。
お近くの方はお気軽にどうぞ♪

“大人のパーティー”と銘打ってみましたが、いわゆるL飲み会です。
20才以上の大人な女性の皆様、私とmaさんと素敵な夜を過ごしませんか?

■日時 5月30日 夜9時〜12時

■場所 田園都市線(渋谷より)のバー

■料金 4000円・飲み放題+軽食つき

■定員 15名

■申込 定員に達しましたので締め切ります。ありがとうございました。

SBSH0140.JPG SBSH0139.JPG

以下、maさんのコメントです。

* * * * * * * *
二丁目以外でも、Lコミュニティが自然とできあがるお店があるといいなと思ってました。
今回のお店は、雰囲気も素敵だし立地もいいし、店長さんも気さくだし、色んなポテンシャルを秘めた素敵な会になるといいなと思います。
* * * * * * * *

飲み会の告知にポテンシャルという言葉が出てくるのがmaさんらしいわ。
2丁目には行きにくい人も、2丁目に飽きた人も、2丁目以外でもお気に入りのお店を見つけたい人も、彼女が欲しい人も、片思いの人も、カップルも、両手広げてお待ちしています。



■同性愛者にしか見えなかったという評判について

映画『MILK』を公開初日に見に行ったリブビアンbiancaです。
同性愛者側から見ると、ドキュメンタリーとして手に汗握る面白い映画でしたが、これが異性愛者からも多くの支持を受けているのは意外でした。
男女に置き換えても通用する普遍的な感動的愛情を前面に出し、最終的に「愛に性別なんて関係ないよねっ♪」とノンケに言わせるような映画では無かったから。
そして、愛情あふれる表情、わざとらしくは無いがわかりやすくゲイらしい仕草、闘争心に燃える演技は、さすがアカデミー賞受賞のショーン・ペン、素晴らしかった。
ですが、「同性愛者にしか見えない」という面での絶賛なら、「異性愛者にしか見えない」名演技をしているゲイ俳優も評価されてしかるべきかと。

深い意味はありませんが、今頃見つけた中谷美紀氏の
「レズビアンだってバレちゃうじゃん」発言に悶えてヘビロテ中です↓


Watch Miki Nakatani in 娯æ\½  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
posted by bianca at 01:16 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記