2007年09月30日

世界最大のゲイタウンに花束を

昨日、久々に2丁目に行ったら、仲通りの八百屋でおすぎが値切っているの見かけました。
こんな大物になって、周りは皆知っているのに値切っちゃうというのが、なかなか庶民的で可愛いと思いました。

久しぶりに行く2丁目は良い出会いがあるものです。
そして偶然に懐かしい人にばったり会えたりします。

多分有名になっても、また戻ってきたい故郷のような街なのかもしれません。

世界最大のゲイタウン。
日本にこういう街があるというのは、やっぱりうれしいことです。

wuwv,20050910135743.jpg

FC2 同性愛Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛(ノンアダルト)へ

posted by bianca at 00:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月23日

SかMか

私は恋愛対象が男か女かと問われれば、はっきりと答えられます。
けれども、SかMかと問われたら・・・どちらでもないような、あるような。

同僚に女王というあだ名の人がいて、女王が飼ってるワンコの話をしてくれました。
その時、こういう人をドSと言うのだと知りました。
女王が海外旅行をする時に預けたワンコが、まるで捨てられたかのように動揺して慌てふためいたそうです。
しかし女王は車に乗せられたワンコが鳴きながら遠ざかる姿を見て、面白くて大笑いしたと言うのです。
もちろん彼女はワンコを愛していて、決して捨てたりしないし、
一週間後には感動の対面が待ってはいるのですが。
しかし分からないワンコにはそんなの関係ねぇ!絶望的な気持ちになったことでしょう。
私の場合。確実にワンコに感情移入して一緒に泣きます。見ていられない。
その話を聞いて、ああ、私はSじゃないんだ、と実感したものです。

でも一方で、こんな経験もあります。

実家で飼ってるネコが虫歯になり歯がグラグラしてモノが食べられずどんどん痩せていった時がありました。
家族会議の結果、歯を抜いてしまおうということに。
しかしみな偽善者。ネコに嫌われたくないから、抜く役をしたがらないのです。
仕方ない。ネコを押さえつけて私が抜きました。
その時、正直私は少しワクワクしたのを覚えています。
ギャーという断末魔の叫びと共に、歯はあっさり抜けました。
その歯を「くっさー」とか言ってうれしそうにみんなでまわし見る我が家の人間を、私の彼女は「変態家族」と言っていました。
その後、ネコは私のおかげで無事何でも食べられるようになり、とても元気に回復しました。
が、私には一切近づかなくなりました。

本当の優しさって何なんでしょう?SとMって何なんでしょう?

ちなみに私は人にピアスの穴を開けるのも大好きで、何人も開けさせて頂きました。もちろん私の彼女の右耳も。
200709231649.jpg

やっぱりこれもS気質の現れなのでしょうか。

FC2 同性愛Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛(ノンアダルト)へ
posted by bianca at 18:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月17日

FtM雑誌を購入

20070917205054.jpg
http://like.boy.jp/main.htm

LIKE-BoyLIKE-Boy
山田大樹 sunao akito 柴村☆まっちろ

LIKE編集部 2008-05-25


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今は昔の話になってしまいましたが、プライドパレードでFtM雑誌を生まれて初めて購入しました。
FtMブースに知っている方がいて「女女苑超面白いっす!いつも読んでます!」とかおだてられて木に登ってしまい即購入。

思えば私がビアン雑誌を最初に購入したのは高校時代。
当時よくゲイ&レズビアン特集をしていた雑誌「宝島」で紹介されていた「ラブリス」というミニコミ誌。ちなみに当時の「宝島」は現在の「SPA!」をもっとサブカル風にした感じで面白かったのですが、その後エロ方面に向かい、現在はよく知らないのですが表紙見るとなんだか経済雑誌のようなものになってるような。
ということでビアン雑誌購読歴は長いのですが(おかげでこんなに頭でっかちになりました)、FtM雑誌は初めての購入です。

おおーーーっこの人が元女性?表紙はゲイ雑誌のようですね。
グラビアにはボーイッシュな女の子、という感じの人もいてタイプだったりするのですが、レズビアンからそういう見方をされるのはやはり微妙なのでしょうか。
でもこの〔LIKE〕は「FTM・中性ボーイッシュ総合雑誌」と銘打っているように、かなり幅広い範囲を包括しているようです。普段男性として生活している人から商業オナベ、トランスジェンダーからFtMゲイ、色々なタイプを紹介していて、しかもパレードの情報も載っているし、レズビアンが読んでも十分面白い!お隣の世界を勉強するような感じで読めました。
余談ですが、前回の日記で書いた彼女の先輩FtMなどごく狭い範囲での統計で根拠は無いのですが、FtMの方って面食いが多くないですか?そして実際彼女さんはすごい美女だったり。
「いや、俺は外見じゃなくて中身重視だ!」「むしろ不細工マニアだ!」というイカしたFtM君いらっしゃったら挙手して頂きたい。

ところで最近彼らの対極とも言えるオネエキャラがTVで大ブレイクしていますね。
オネエキャラというのもゲイ、MtF、女装、言語のみオネエ仕様・・・とその意味はあまりに広くて曖昧。私は性自認が女性なので、オネエキャラの方が趣味も合うような気がします。この前もIKKO氏がエステでつけていたヘアバンドに一目ぼれ。

200709102736.jpg

どんだけ可愛いの!でもこれ可愛いだけではなくて、大きくてゆったりしていて、私のデカい頭も恐ろしい多毛も優しく包んでくれる優れものなのでオススメですよ。

ということで「男の気持ちも女の気持ちもわかる」が売りのオネエキャラですが、私の親友MtFちゃんは
「私は男の気持ちも女の気持ちもわからない!誰の気持ちもわからない!」と常に叫んでいるので、オネエキャラと言ってもさまざまですね。
オニイキャラがTVで活躍する日も来たりするのかしら。
posted by bianca at 00:00 | Comment(13) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月09日

不細工マニア

彼女と2人、仲良く風邪をひいて引きこもり。
狭い部屋で菌がループ&グレードアップし、2人して日に日にやつれていってます。
このまま2人、ここで死ぬのかしら。
『東京の某マンション、レズビアン2人が手を取り合って謎の死』とか新聞に載ったりするかしら。
なんて美しい?妄想も吹き飛ばす勢いのノンストップな相手の咳に耐え切れず、別々の部屋に避難して寝る日々。
休日はビアンコさんたちにBBQに誘われていたのに2人してキャンセルしてしまったし・・・本当に申し訳ない。イケタチと評判だったが、タチなお方に恋をしてビューティーネコに華麗なる転身をとげたというあのお方にもお会いしたかったわ。
そんな感じですが、老夫婦のように病院デートをしてなんとか快方に向かってますので、治ったらまた皆様遊んでくださいね。

ところでそんな病床で彼女が熱心に読んでいるのがコレ↓
20070909131338.jpg

昔彼女が、新宿の某バーで面食いな先輩(トランス)に
「綺麗な子とつきあうと心配になりませんか?だから私は綺麗な子はダメなんです」
と言ってるのを聞いてひっそりと傷ついたことがありました。

この本の作者のように
あまりの不細工さに一瞬ひるんだが、なかなかもらい手がつかなそうなこいつを自分が助け出してやらねば、という使命感

から私とつきあいはじめたのかどうかは恐ろしくて聞けませんが。

何を求めて人は人とつきあうのかしら?
トキメキ?エロス?見栄?安らぎ?成長?互助?介護?

彼女は私に何を求めているのかしら。
私は自分を棚に放り上げて断言しますが、綺麗でカッコイイ人が好きです。
だから彼女とつきあってます。
恋人の贔屓目もありますが、いつもカッコイイわ〜素敵だわ〜と思って彼女を見てますし、例え小指で鼻をほじってたり片尻を上げて屁をこいたり上半身裸でビール片手にTV見ているところを目撃しても「こんなに素敵な貴女がこんなことを!」とギャップに萌えられるのです。
愛しいと思えるのです。

お互いどんなところに惹かれていようとも、老後もこんな感じで介護し合いながら生きていけたらいいなぁ、と思っています。
posted by bianca at 20:11 | Comment(8) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。