2006年12月21日

sexless

4a33a41702000h0x.jpg

最近よくビアンコさんたちと恋人同士のsexless話になるんだけど、これは年のせいかしら?

むかーし昔、私が学生だったころはよくノンケの友人たちにこの手の話をされたものです。
「同棲したらしてこなくなった」「彼氏は好きなのにもうしたくない」etc

当時からビアンコ友人もいたのですが、彼女たちからそんな話は聞いたことなかった。たまたまかもしれないけど。エロ話は普通にあってもsexless話はノンケの子からしか聞かなかったので、それは年のせいだけではないのかも。

そうすると、あくまで推測なんだけども、以前(10年以上前)のlesbian界はワンナイトとか陰で短期間に終わる恋とか、2丁目だけに限られた非現実的な世界だったのかもなぁ、と思ったりもする。
2丁目に出てこなくても、女の子はサブ恋人という主婦や女子校の期間だけだったりノンケに片思い(それは私)だったり。

だけども時はタチ、現在はネットが普及したり、以前よりは受け入れられやすくなったりしたことでノンケと同じように安定した付き合いをするビアンコが増えたのかなぁ、と思うのです。
sexlessまでノンケの真似だとは言わないけれど、ビアンコは同じ人と幾度も肌を重ねたり(ってこの表現寒)、深く長くつきあうことよりも刹那的な恋愛話が昔は多かった気がします。

だから最近sexlessの話題が増えたのはビアンコさんたちのつきあい方に変化が出てきたゆえなのかなぁ、と。

どちらが良いとも悪いとも言えないし、結婚規約とかなにやらノンケの真似する必要もないとは思うし、ビアンコはビアンコの恋愛作法があっても良いと思うし、そもそもそんな区別が必要なのかもわからないし、そんなことよりもですね、私はレオとヅカのコラボ番組があったっていうのに驚きなのです。
sexless話とまったく関係ありませんが。
このビデオどうしても見たいんで、どこかにUPされていたら教えてください。

FC2 同性愛Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛(ノンアダルト)へ
posted by bianca at 21:49 | Comment(3) | 日記

2006年12月15日

女だらけの温泉大会

102201.jpg

行ってきました!!女だらけの温泉施設渋谷シエスパ

オープン当時に行ったら入場制限があって入れなかったので、今回は母上のバースデープレゼントということもあり、ちゃんとエステを予約して準備万端!
全身エステにデトックス、クリスマスディナーとフルコースでプレゼント。私にとっては出血大サービス親孝行です。

まず、やっぱり館内に女しかいないってのはいいね!ドームのラクーアとかと違って、客はもちろんスタッフもレストランの料理人もすべて女性
そしてスーパー銭湯とも違って、場所柄のせいか若い娘が圧倒的多数。18才以上限定だからガキはいないしほんと極楽。

「深海の湯」という室内温泉はハッテン場か?というくらい(行った事ないけど)暗い。ちょっとミステリアスよ。
露天風呂も広くて緑に囲まれていて渋谷とは思えません。

エステは、紙パンツいっちょというのが恥ずかしいけど仕方ないやと思ってベッドの上に座ってたらエステティシャンが入ってきて
「あ!タオルかけてうつ伏せに寝ていてくださいって言いましたよね?!」
と驚かれる。
いつものごとく人の話を聞いてなかったので、ひとり露出狂と化す。

ちなみに山咲千里が
「私は結婚するまでレズビアンという噂があったけど、残念ながら女性のエステティシャンにマッサージされても何も感じないノンケです」
と自叙伝に書いてたけど、レズだって感じないから!!

それはそうと、そういう意味ではなく、本当に気持ちよかったです。
ディナーも浴衣のまま食べれるし、見た目も良くて美味しかった〜。

母上も満足してくれて良かった。
ちなみにホテルのレディスプランについてるフットケアすら拒否するくらい他人に身体を触られるのが嫌いな私の彼女は、もちろん来ませんでした。


そんな感じで、渋谷の女だらけの温泉施設、とてもオススメです★
posted by bianca at 00:26 | Comment(9) | 日記

2006年12月03日

B級レズゲイ映画な休日

●サンクチュアリ

あんまりビアンコサイトで取り上げられてないように思うから紹介をば。
“ドロドロ官能主婦レズもの”です。中山可穂小説とか好きな人はイケるのかな。
でも、一般的レズウケはしないだろう作品だと思います。
子供が犠牲になるし、なぜか元サッカー選手の武田が主婦レズの夫役で出てるし。武田は映画初出演らしいけど、いいのかこの作品で。
キョンキョン似の女優は可愛いし、Hシーンも綺麗な方だとは思うけれど。
残酷な血なまぐさいシーンが多い。狂気的なエロスが好きな人は見てみてください。
TSUTAYAで新作貸し出し中です。


●BOYS LOVE

タイトルそのままの“オコゲ映画”です。
役者の演技が下手すぎるけれど、やおい漫画から抜け出てきたような美少年たちが頑張って絡んでます。私としては、ジルベール並に男に抱かれまくる主役の男子はもっとほっそりとした中性的な子がいいんじゃないかと思うけれど。皆けっこうマッチョなんで、本物のゲイ諸君が見ても視覚的には楽しめるかも。
ストーリーは先が見えすぎです。この王道なお決まりが良いのかしら。
驚きなのは監督がノンケのオッサンでした。
特典映像で役者がみな「僕はゲイじゃないけど」と言ってるのが面白かった。
逆にノンケ恋愛映画に出てる織田○二とかも「僕はノンケじゃないけど、彼らの気持ちになって演じました」とか言って欲しいですね。
こちらもTSUTAYAで新作貸出中ですが、ほとんど借りられてます。恐るべし腐女子パワー。

img_20061004T131154406.jpgade-0709.jpg


ふたつの映画に共通してるのは、最後に主役の片割れが死にます
同性愛を扱ったB級映画のお決まりですね。
と、ばっさりネタバレをかましたところでサヨウナラ。

FC2 同性愛Blog Ranking にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛(ノンアダルト)へ
posted by bianca at 00:00 | Comment(9) | 日記